意外! 春はお肌がダメージを受けやすい季節

意外! 春はお肌がダメージを受けやすい季節

やっと暖かくなって、乾燥から解放されてお肌もイキイキ…と思いきや、春は肌荒れしやすい季節だそう。この時期こそ、正しい洗顔で健やかな素肌を手に入れましょう。

肌荒れなど肌の悩みが表れやすい春こそ優しい洗顔を!

冬の間、乾燥に悩まされた肌…。暖かくなって、ようやく悩みから解放される!と思ってしまいがちですが、実は春はホコリっぽいため、肌が汚くなりがち。

気温の上昇とともに皮脂や汗の分泌が増えてうるおいは戻ってくるけれど、風で巻き上げられたホコリや花粉、風にのってやってくる空気中の汚染物質などが付着しやすく、春の肌は不潔な状態に…。

さらに汚れた肌に、日に日に強まる紫外線が降り注ぐと、皮脂の酸化が進み、肌の老化が加速!

また、冬の間に乾燥して肌が荒れ気味になっていた人は、過敏肌になっていることが多いため、さまざまな悩みが露見しやすい季節なのです。

春の理想的な洗顔の仕方とは

そんな春は、毎日の理想的な洗顔で、汚れた肌を清潔に保ちましょう。

理想的な洗顔は、人肌ぐらいのぬるま湯で顔をほどよく湿らせた後、たっぷりの泡で洗います。

石鹸や洗顔料を手のひらで丁寧に泡立てるのがコツ。泡立てネットなどを使えばカンタンですが、一分一秒を争う朝にそんなことしていられない!という方は、最近はフォーム状の洗顔料も各メーカーから販売されているので、朝の支度の時間短縮に役立てみてはいかがでしょうか。

泡を肌に乗せたら、優しくフワフワと手を転がすように洗いましょう。

あなたの普段の洗顔が、指が直接肌に触れている感触があるならNG!

頬、こめかみ、目周り、鼻、顎、とひとつひとつのパーツを意識して、ていねいに泡を行きわたらせます。ゴシゴシこすると、その摩擦による刺激がシミやシワの原因となってしまうこともあるので気をつけて!

洗い流す時もぬるま湯を使って、ていねいに。冷たい水で最後にひきしめたら、すぐに化粧水と乳液やクリームをつけて保湿を万全に。

清潔でうるおった肌にしておくことが、ホコリや花粉、紫外線などの外的刺激にも惑わされない、健康で強い肌を保つ秘訣。

どんなに疲れていても、正しい洗顔で汚れを落としてして寝ることを大切に!
関連キーワード

関連記事