クレンジングジェルにも種類がある!自分に合ったジェルの見つけ方

クレンジングジェルにも種類がある!自分に合ったジェルの見つけ方

オイルクレンジングは洗浄力が強すぎるし、クレンジングミルクやクリームはベタつきが気になる…それならマイルドな洗浄力でみずみずしいクレンジングジェルを使ってみませんか?クレンジングジェルにも種類があるので、自分に合ったものを見つけましょう。

みずみずしい使用感で潤いを与えてくれるクレンジングジェル

メイクを落とす際に欠かせないクレンジングには、クレンジングオイルやクレンジングミルク、クレンジングクリーム、拭き取りクレンジングなどがあります。クレンジングオイルは洗浄力が強すぎて肌の乾燥が気になり、クレンジングミルクやクリームは洗浄力が弱くてベタつきやすく、拭き取りクレンジングはコットンの摩擦によって肌への負担が気になりがち。

クレンジングジェルは、クレンジングの中でもみずみずしい使用感でベタつきがなく、滑りがいいので使いやすいと人気があるとか!メイクを優しく落としながら、肌に潤いを与えてくれる優れものでしょう。

また、クレンジングジェルは濡れた手でも使えてダブル洗顔をしなくてもいいものが多く、オイルフリータイプはまつげエクステを付けている方にもおすすめです。

クレンジングジェルの種類・選び方・使い方

クレンジングジェルには、油性クレンジングジェル、オイル入りの水性クレンジングジェル、オイルフリーのクレンジングジェルといった種類があります。どのタイプのクレンジングジェルが自分に合っているのか見極める方法をご紹介していきますね。
 
がっつり濃いメイクをする方は、「油性クレンジングジェル」がおすすめです。ジェルにオイルがたっぷり入っているので、ウォータープルーフマスカラやアイライナー、リキッドファンデーションもするする落ちていきますよ。洗浄力が強い分、メイクを落とした後は肌が乾燥しやすい状態になるのですぐに保湿に取り掛かりましょう。

マツエクユーザーやナチュラルメイクをする方は「オイルフリーの水性クレンジングジェル」がおすすめです。ほとんどのまつげエクステは油分が入ったクレンジングを使うことができないため、オイルフリーのクレンジングジェルならまつげエクステが付いていても使えるでしょう。洗浄力はマイルドで、潤いを与えながらメイクを落としてくれるのが特徴です。

しっかりメイクをしていながらも肌を労わりたい方は「オイルインの水性クレンジングジェル」がおすすめです。オイルが入った水性クレンジングジェルは、洗浄力が強すぎず弱すぎずちょうど良いので肌を労わりながらメイクを落とすことができるでしょう。毛穴の汚れやごわつきが気になる方にも最適です。
 
どのクレンジングジェルを使うときも、しっかり確実にメイクオフしたい場合は、濡れた手よりも乾いた手で使いましょう。手のひらにクレンジングジェルを取って、温めてから顔全体に伸ばすとメイクとの馴染みが良くなりますよ!

クレンジングジェルでメイクを落としながら潤い肌へ!

ウォータープルーフのマスカラなど落ちにくいメイクをしている日には、あらかじめポイントリムーバーでアイメイクやリップメイクを落とし、クレンジングジェルを使って顔全体のメイクを落としていくといいでしょう。

自分に合ったクレンジングジェルを選んで、メイクオフしながら潤い肌を手に入れてみてはいかがでしょうか。
関連キーワード

関連記事