「ひよこ豆」で女性ホルモン活発化?! 夏のおすすめレシピをご紹介!

「ひよこ豆」で女性ホルモン活発化?! 夏のおすすめレシピをご紹介!

毎月生理前になると、食欲が旺盛になったりちょっぴり憂鬱になったりしがちですよね。そんな時、対策の一つとしてひよこ豆を活用してみてはいかがでしょうか?ひよこ豆には女性ホルモンと似た働きをもつイソフラボンが豊富に含まれていると言われています!

女性ホルモン活発化?! ひよこ豆に期待できる効果について

ひよこ豆は、インド・エジプトなどの熱帯〜乾燥帯の地域の方々が主に活用してきたマメ科の一種で、生産が難しい日本でも昔に比べると少しずつ見かける機会が増えてきましたね。

しかし、大豆や枝豆に比べると普段あまり食べる機会が少ない方が多いのではないでしょうか?ひよこ豆を食べることで具体的にはどのような効果を期待できるのか、ご紹介したいと思います!

1.女性ホルモンの活発化→ひよこ豆にはイソフラボンが豊富に含まれていることから、別名:幸せホルモンと呼ばれており、エストロゲンの分泌をサポートし、PMSや更年期障害を緩和する働きがあると言われています。

2.心のバランスを整える→食の欧米化により、鉄・亜鉛などのミネラル分が不足し、大人だけでなく鬱や短気になりやすい子供が増加傾向にあると言われています。ひよこ豆には必須ミネラル分が豊富に含まれていることから、日常的に食生活に取り入れることで、心のバランスを整える効果に期待できます。

3.骨粗しょう症の予防→ひよこ豆にはカルシウムが豊富に含まれているため、イソフラボンとの相乗効果でより丈夫な骨の形成をサポートし、骨粗しょう症の予防に役立つと言われています。

夏のおすすめレシピ「ピリ辛 × メキシカン風味で美味しい!ひよこ豆入りパスタ」

ひよこ豆といえば煮込み料理のイメージが強いかと思いますが、パスタやグラタンなどアイデア次第で様々なレシピに対応できる万能アイテムです。健康維持のためにも普段の食生活にうまく取り入れていくことをおすすめします!
ひよこ豆を使った夏のおすすめレシピをご紹介します。

【材料】
・ひよこ豆 50g
・ショートパスタ 60g
・ハラペーニョ 適量
・トマト缶 1/2個
・玉ねぎ 1/4個
・コリアンダーパウダー 小さじ1/2
・レモン汁 大さじ1
・マジックソルト 適量
・薄口しょうゆ 小さじ1/2
・オリーブオイル 大さじ1

1. 一晩水に寝かせておいたひよこ豆を、水400cc入れた小鍋の中に入れます。沸騰したら弱火〜中火の間に調整し、1時間加熱しましょう。
2. 1時間経過したら少し水を加え、ショートパスタを1に投入します。パスタが茹で上がったらざるにあげましょう。
3. オリーブオイルを入れたフライパンで、みじん切りにした玉ねぎをあめ色になるまで炒めます。
4. 3にトマト缶・コリアンダーパウダー・ハラペーニョ・レモン汁を加え、薄口しょうゆとマジックソルトで味を整えます。
5. 4へ茹でたひよこ豆・ショートパスタを絡ませて完成です。

お好みでナンやペーパーライスに包んで食べるのもおすすめです!ピリッとスタミナをつけたい夏の季節に挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連記事