【やせにくい原因は〇〇〇だった!】血糖値を急上昇させる食事はどっち??

【やせにくい原因は〇〇〇だった!】血糖値を急上昇させる食事はどっち??

常にダイエットや肌についての意識は高いけど、日々の忙しさについつい食事は簡単になりがちなアラサー世代。それぞれ悩みを抱え、異なる生活を送る2人のVOCEST!のある日の食事を血糖値の専門家、辛先生がチェック! そこでわかったこととは!?

血糖値を急上昇させる食事はどっち?

<A> VOCEST!081 土井恵理子さん

【朝食】抜き

【10:00~18:00】30分おきに、紅茶、ハーブティ、ミルクティ

【18:00】ほうとう 2人前

【19:00】プリン 2個

【21:00】アイスクリーム 3個

夜だけドカ食いで頭痛、不眠、不調だらけ
「日中が忙しくて夕方まで食事抜き。でも30分おきに飲み物を飲むように。空腹時はめまいがするし、食後には頭痛が。夜もよく眠れません」

<B> VOCEST!024 富樫佑香さん

【朝食】野菜(塩のみ)、コーヒー(無糖)2杯

【昼食】玄米チャーハン(ベーコン、ねぎ、卵、玄米)、スープ

【15:00】子ども用ビスケット

【20:00】玄米1膳、だいこんの味噌汁、焼き魚、つけもの、かぼちゃの煮つけ、焼酎の水割り5杯

バランス食で、ニキビも眠気も消えた!
「乱れた食生活時代は、肌荒れと吹き出物がひどかったけれど、子どもと一緒に食事をとるようになって肌トラブルもなくなり、朝6時起きもへっちゃら」

改ページ:[ 二人の食事を先生がチェック!正解は…… ]

正解は……<B>

<B>富樫佑香さん……野菜の多いバランス食がすばらしい!

「朝食の温野菜から、昼の玄米チャーハン、おやつを食べているのもいいですね。夕食も栄養バランスがいいので、血糖値のためには文句ナシの食事。アルコールは血糖値を抑える作用があるので飲みすぎなければ食事と一緒に楽しみましょう」

ここがポイント!
「一品料理は血糖値を急激に上げるメニュー。でも、血糖値を上げづらい玄米を油でコーティングしたチャーハンはその中では優秀なメニュー。スープ付きなのもいいですね」

<A>土井恵理子さん……その不調、すべて食事のせい、今すぐ見直しを

「夕方突然、ほうとうを食べれば一気に血糖値が上がります。日中の飲み物や夜のスイーツも体に吸収されやすいものばかり。野菜がないのでビタミン不足。今の不調を改善するために、ご飯と野菜などの和食系に食事を見直しましょう」

ここを見直しましょう!
①「前日の夕食以降、朝食をとらずに食事と食事の時間が空くほど、次の食事の際に血糖値が急激に上がり、グルコーススパイクを起こす原因に。朝食は少しでも必ずとりましょう」
②「プリンやアイスクリームは、吸収されやすく急激に血糖値を上げる食品。体に負担がかかるので、不調の原因に」

お話を伺ったのは

医療法人社団しんクリニック院長 辛 浩基先生
日本糖尿病学会専門医。’97年に眼科を併設する糖尿病内科のしんクリニックを開設。糖尿病治療の専門家として、わかりやすい解説でメディアに多数取り上げられている。

撮影/浜村達也 構成・取材・文/山本美和

関連キーワード

関連記事