いつまでその歯ブラシ使っているの?古い歯ブラシの交換時期とは?

いつまでその歯ブラシ使っているの?古い歯ブラシの交換時期とは?

毎日の歯磨きは、虫歯や口臭予防に欠かせない習慣です。歯ブラシは、使っていくうちに広がったり、痛んだりしてしまうものですが、そのまま使い続けていると、歯磨きの効果や衛生面などに影響があるため、定期的に交換する必要があるのです。

歯ブラシの寿命は?交換時期は?

いま使っている歯ブラシは、いつ頃交換しましたか?歯ブラシの交換時期を決めている人は、なかなか少ないでしょう。毛先が外側に向かって広がり出したら交換の目安と言えますが、なかには毛先が広がりにくいタイプの歯ブラシもあります。毛先が広がらなければいつまでも交換せずに使い続けても良いのでしょうか。

問題ないように見えても、実は歯ブラシには歯を磨いた時についた、たくさんの細菌が繁殖しているため、古い歯ブラシを使用し続けていると、口の中を清潔に保てないそうです。毛先が広がっていなくても、1ヶ月を目安に交換することをオススメします。

古い歯ブラシを使い続けると歯磨きの質は落ちる?

毛先が開いてしまった歯ブラシは、新品と比べて汚れを落とす力が大幅に下がってしまうため、歯の隙間や奥歯に届きにくく、虫歯や歯周病の原因となる可能性が考えられます。また、毛先の弾力が落ちてしまうことで歯や歯茎を傷めてしまうなど、適切な歯磨きができないことがあります。

力を入れてゴシゴシ磨いてしまうと、歯ブラシの毛に余分な圧力がかかり、広がりやすくなります。歯ブラシの交換目安は、1ヶ月程度なので、すぐに毛先が広がってしまう人は力を入れすぎているのかもしれません。歯や歯茎を傷つけないためにも、丁寧にやさしく磨くことを心がけましょう。

歯ブラシの選び方と使用後の洗浄

歯ブラシは硬すぎると歯茎を傷つける可能性がありますし、柔らかすぎても汚れが落としにくくなります。口が小さい人は奥歯に届きやすい小さめのヘッドなど、ブラシは自分に合ったものを選びましょう。

また、使用後の歯ブラシは取り除いた食べかすや歯石、歯磨き粉などが残っていますので、できるだけ細菌の繁殖を抑えて歯ブラシを長持ちさせるためにも、水で丁寧に洗い流して風通しの良い場所で乾燥させましょう。

定期的に交換して、口の中をいつも清潔にしておきたいですね。

関連記事