飲み会シーズンで外食続き…でも太らないコツ!

飲み会シーズンで外食続き…でも太らないコツ!

春になり、歓送迎会や飲み会が多いこの季節。
職場や友人との付き合いで断るわけにもいかず、飲み会続きで体重がまずい!なんて経験はありませんか?
実はちょっとしたコツを押さえておくだけで、外食続きでも美ボディをキープできちゃうんです。

飲み会前には備えが重要。

【カロリー調整】
「今日は飲み会」 という日には、朝食と昼食はいつもより少し控えめを意識しましょう。
お酒の席では、どうしても摂取カロリーが多くなってしまいがち。
1日トータルでの摂取カロリーを考えてあげれば体重も増やさずにすみます。

【事前に飲んでおくとよいもの】
胃が空腹の状態でお酒を飲むと、急激に血糖値が上がります。
血糖値の上昇は太る原因のひとつ。
お酒を飲む前に、牛乳を1杯飲んでおきましょう。
牛乳に含まれるたんぱく質が胃の壁を保護してくれ、アルコールの吸収を遅らせ代謝を助けるといわれています。

また、利尿作用のあるブラックコーヒーもアルコールの排出を促進させてくれるのでおすすめ。

お酒のチョイスと飲み方に注意

【お酒のチョイスが重要】
飲み会での乾杯にまずビール!というのは定番ですが、ビールは糖質も多く、食欲を増進させる効果もあるためダイエット的にはNGなお酒。
ビールは乾杯の1杯だけにとどめておいて、2杯目からは低糖質なハイボールや焼酎のウーロン割りなどを飲むのが良いでしょう。
「甘いお酒を飲みたい」という方はレモンやグレープフルーツなどの柑橘系のサワーがおすすめ。
柑橘系には代謝を促す効果もあります。
どうしてもカクテルが飲みたいなら、低カロリーなキールやジンライムをセレクトして。
カルーアミルクは高カロリーなので避けてください。

【お水も一緒に頼んでおく】
お酒によるむくみを防ぐためにも、お酒を飲んだらお水を飲むようにしましょう。
胃の中のアルコール濃度が薄まり、アルコールの分解が早くなり、二日酔いの防止にもなります。

飲み会中の食事は

【まず野菜から!】
野菜は食物繊維が豊富なので、急激な血糖値の上昇を抑え、糖質を吸収するスピードを緩やかにする働きがあります。
最初に食べれば、脂肪の吸収をおだやかにしてくれ、後から出されるその他の脂っこい料理の食べ過ぎも防いでくれます。

【おつまみのセレクト】
お酒には、食欲を増進させる効果があります。
さらに、アルコールには満腹中枢を麻痺させる働きもあるんだそう。
飲み会で太ってしまう一番の原因はお酒と一緒についつい高カロリーなおつまみを食べ過ぎてしまうこと。
低カロリーで塩分の少ないおつまみを選ぶことを心がけましょう。
なるべく揚げ物は避け、低カロリー高タンパクな枝豆や豆腐、カロリーの低い海藻類、こんにゃく、生野菜、お刺身や焼き魚などがオススメです。

【〆は出来るだけ避ける】
〆の炭水化物はダイエットの天敵。
味噌汁やわかめスープ、タマゴスープといったあっさり系のスープを代用してうまくセーブしてあげましょう。


ちょっとしたコツさえ押さえておけば、ダイエットのためにお付き合いを制限するなんてことなく、飲み会や食事会も楽しめちゃうんです。
早速意識して、日々のお酒の席で実践してみてくださいね。
関連キーワード

関連記事