飲む温出汁で美味しくダイエット!正しい作り方や効果とは?

飲む温出汁で美味しくダイエット!正しい作り方や効果とは?

実は旨味だけでなく、出汁そのものにビタミンや食物繊維といった美活に最適な栄養成分をはじめ、食欲を抑えるのに効果的なダイエット成分が豊富に含まれていることをご存知でしょうか?美味しく痩せられると評判の飲む温出汁ダイエットについてご紹介します。

出汁がなぜダイエットに効果的なの?

日本人として何気なく取り入れている和風出汁。日本食は、ダイエットに効果的とよく耳にすると思いますが、その原点は出汁にあると考えられています。出汁には一体どのようなダイエット効果が期待できるのか、温出汁ダイエットのやり方と合わせてご紹介します。

<出汁に期待できる効果>
1.満腹感を与える旨味成分
カツオ出汁は「イノシン酸」、昆布出汁には「グルタミン酸」と呼ばれる旨味成分がそれぞれ含まれており、この旨味を感じることで少量の食事でも脳に満腹感を与えやすいそうです。また、イノシン酸・グルタミン酸を単体で摂るよりも、両者を組み合わせることでより高い相乗効果が期待できるので、温出汁を作る際は昆布・カツオの2種類をブレンドすることをおすすめします。

2.デトックス作用
こんぶやカツオには活性酸素を除去し、体内に溜め込んでいた老廃物をスムーズに排出する作用があると言われています。体をデトックスすることでむくみを解消し、すっきりとしたBODYラインへ導くほか、ニキビができにくい健康的な肌質へ改善すると期待できます。

3.美肌効果
出汁にはタンパク質を始め、ビタミン・ミネラルなどの美容成分が豊富に含まれているそうです。ダイエット中はこれらの成分がどうしても不足しがちですが、出汁を飲むだけで簡単に補える点も温出汁ダイエットの魅力の一つと言えるでしょう。

<温出汁ダイエットのやり方>
飲む温出汁ダイエットのやり方はとても簡単!朝食の前にコップ1杯の出汁を飲むだけでOKです。朝食前に飲むことでカツオ・昆布の効果により血糖値の上昇を緩やかにし、食べ過ぎを防ぐことができると言われています。

【飲む温出汁ダイエット】温出汁の作り方について

温出汁ダイエットに使用する出汁の正しい作り方についてご紹介します。

【材料】
・昆布(10cm)1枚分
・鰹節 30g
・水 6カップ
・塩 適量

1.ハサミを使って昆布に切れ目を2〜3本入れます。
2.水を入れた鍋に昆布を入れ、蓋をせずに中火で加熱します。
3.昆布が鍋底からゆらりと離れ、小さな気泡が立ち始めたら昆布を引き上げます。
4.強火にし、沸騰してきたら水を少量加えます。
5.4の後すぐに鰹節を加えて手早く灰汁をすくい取り、再び中火で煮立たせます。
6.火を止めて鰹節が沈み始めたらクッキングペーパーをひいたザルを使って丁寧にこします。
7.出汁が温かいうちに塩で味を整えて完成です。

血行促進をサポートする生姜や鷹の爪などの香辛料をブレンドすると、より高いダイエット効果が期待できますので、もしそれらの材料が自宅にある際は、是非有効活用してみてくださいね。

いかがでしたか?飲む温出汁はダイエットから健康・美容まで、様々な効果に期待できる、まさに飲むサプリメントのような万能アイテムの一つですね。時短技として製氷器に保存することもできるので、週末などの時間を利用し、まとめて作っておくことをおすすめします!

関連記事