日焼け止めの選び方や疑問にお答えします!紫外線に負けない美白肌へ

日焼け止めの選び方や疑問にお答えします!紫外線に負けない美白肌へ

美白肌を目指す方にとって必要不可欠な日焼け止め。夏のシーズンになるとあらゆるメーカーからさまざまな日焼け止めが発売され、どれを使おうか迷ってしまいますよね。そこで日焼け止めの選び方や気になる疑問に迫っていきます!

美白肌をキープするための日焼け止めの選び方って?

日焼け止めには、大きくわけて紫外線錯乱剤を使った日焼け止めと、紫外線吸収剤を使った日焼け止めの2種類があります。

紫外線吸収剤を使用した日焼け止めは、肌に塗ることで紫外線を集め、熱エネルギーに変換したときに日焼けを防いでくれます。しかし、紫外線吸収剤は、アレルギーを引き起こしやすい成分と言われており、肌が敏感な方にはあまりおすすめできません。

一方で紫外線散乱剤を使用した日焼け止めは、一般的に「ノンケミカル」と呼ばれていて、肌の表面にヴェールをつくり紫外線を反射させることで日焼けを予防してくれます。紫外線吸収剤とは違い、肌に直接紫外線が吸収されることがなく、比較的優しい使用感なので肌への負担が少なくて済むと言われています。

敏感肌の方や、肌が弱い方は紫外線錯乱剤を使ったノンケミカルの日焼け止めを選ぶといいでしょう。そのほかにも、日焼け止めを塗ったあとの乾燥を防ぐためにセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が多く配合されたものを選ぶのもおすすめです。

去年残った日焼け止めは使用可能?日焼け止めは一年中必要なの?

 去年購入して使っていた日焼け止めがまだ残っていると、勿体無いので今年も使いたくなりますよね。ですが、去年開封した日焼け止めには、菌が混ざっていたり劣化していたりする場合があるので、できればワンシーズンで使い切るといいでしょう。大容量の日焼け止めの方がお得に感じやすいですが、使いきれる適量の日焼け止めを選んだ方が無駄にならないかもしれませんね。

また、日焼け止めを使う時期は、天気や季節を問わず一年中使うことをおすすめします。紫外線は夏だけではなく、365日降り注いでいるため、美白肌をキープするために日焼け止めは欠かせませんね。

日焼け止めをフル活用して透明感溢れる肌に!

紫外線が肌に蓄積されると、弾力肌をつくるコラーゲンやエラスチンが破壊され、シミやシワなどの肌老化につながってしまう可能性があるので、日焼け止めは一年中使って紫外線対策をしっかり行いましょう。

関連記事