足の指の爪が小さい原因は?予防・改善方法についてご紹介!

足の指の爪が小さい原因は?予防・改善方法についてご紹介!

これからペディキュアをしたくなる季節が到来する中、「足の指の爪が小さくておしゃれを楽しめない…」と密かに悩みを抱えている女性は意外と多いのではないでしょうか?なぜ足の指の爪が小さくなってしまうのか、原因についてチェックしていきましょう!

足の指の爪が小さい原因について

足の指の爪は、私たちの体全体を支えるためにも重要なパーツの一つ。万が一、爪がほとんどなくなってしまうと、転びそうになった時に踏ん張れなくなり、最悪の場合は歩くこともできなくなる可能性が考えられます!ではなぜ足の指の爪は、小さくなってしまうのでしょうか?

【冷え性】冷え性により血行が悪くなってしまうと、爪に必要な酸素・栄養素が行き渡らず爪がうまく生えてこない可能性があると言われています。

【外部からの圧迫】サイズが合わないハイヒールやタイトなブーツを履いていると爪を圧迫し、爪が小さくなる傾向にあるそうです。靴を購入する際は、自分のサイズに合っているものや、できる限り足に負担をかけないタイプの靴を購入するよう心がけましょう。

【爪切り】普段何気なく使っている爪切りですが、爪に大きな負担を与え、爪全体が小さくなる原因にもつながりやすいそうです。ペディキュアをしやすい健康的な爪に育てるためにも、爪やすりを使ってやさしく長さを調整することをおすすめします。

【足の指の爪】小さくなることを予防・改善する方法

<正しい靴の選び方>
靴と私たちの生活は非常に結びつきが強いものですが、洋服に比べるとサイズを誤ったまま着用している方が多いと言われています。爪の健康を維持するためにも、まずは靴の正しい選び方について把握しておきましょう!

ポイント1【かかと部分】かかとを中心にトントンと鳴らしながら靴を履きます。靴を履いたら指一本分(1cm目安)かかと部分に入るかどうか確認しましょう。

ポイント2【つまさき部分】靴を履いてみて、つま先部分に全く隙間がない状態のものは、足に大きな負担をかけてしまうと言われています。つま先部分も1cm程(足の指5本軽く動かせる状態)余裕があると理想的です。

ポイント3【土踏まず】土踏まずに関しては、履いた瞬間にアーチ部分が土踏まずに当たるものが良いです。パンプスや革靴になるとアーチに当たらないものが多いため、できればインソールなどを敷いておくことをおすすめします。


いかがでしたか?ペディキュアもチャレンジできる健康的な足の爪を手に入れてくださいね。
関連キーワード

関連記事