アラフォー女子必見!若肌に魅せる「引き算メイク」のやり方について

アラフォー女子必見!若肌に魅せる「引き算メイク」のやり方について

シワやシミを隠すためにがっつりメイクでイベントや女子会に足を運んでいませんか?アラフォー世代になると濃いメイクではなく、あえて「引き算」をしたナチュラルメイクを行うことで、実年齢よりも若々しい印象を与えることができると言われているんです!

アラフォー女子必見!引き算メイクのやり方 <ベースメイク編>

きちんとメイクをしているにもかかわらず、なぜか老けてみえてしまう…という悩みを抱いてはいませんか?10〜20代の頃は、厚塗りメイクをしても肌に透明感があるので自然な仕上がりに見えるのですが、アラフォー世代になると全体的に顔の筋肉が下がり立体感が失われるため、平面的な顔立ちが強調されやすいと言われています。

逆に薄づきのメイクであれば立体感を演出することもできますので、若々しい印象を与えるには「あえて」よりナチュラルな「引き算メイク」を取り入れることが大切なポイントなのだとか。まずは、引き算メイクの中でも特に重要になってくるベースメイクのやり方についてご紹介します。

【ベースメイク】
1.くすみをカバーする効果に期待できる、オレンジ色の下地をほとんど色味を感じなくなるまで薄くのばします。

2.肌の色味に馴染む(白いものはNG)パウダリーファンデーションをスポンジに取り、中心から外側に向かって薄く伸ばします。しわが目立ちやすい口元のほうれい線部分・目尻部分に塗る際は、パフをもっていない手を使い、斜め上へ引っ張りながらポンポンと優しくオンします。均一に塗らずにあえてムラ塗りに仕上げていきましょう。

3.二つ折りしたスポンジの先端を使ってTゾーン・頬骨の上あたりにハイライトをのせてベースメイクの完成です。

アラフォー女子必見!引き算メイクのやり方 <チーク・アイメイク編>

ポイントメイクの中でも特に顔の印象を大きく左右するチーク・アイメイクのやり方についてご紹介します。引き算メイクの見た目はナチュラルな仕上がりですが、ただ薄く塗るのではなく、大人女子に最適なちょっとした裏テクニックも加えてみました!

【チーク】
アラフォー世代の女性には、血色感を引き出すオレンジチークとピンクチークの両使いがおすすめです。オレンジを頬骨に沿って帯状に淡くぼかし、頬骨の一番高い部分にピンクを丸く、薄くぼかすようにのせましょう。

【アイメイク】
1.アイシャドウ
軽やかで若い印象を与えるシャンパンゴールドを使用します。上まぶた全体に塗った後、涙袋部分にものせていきます。

2.アイライン
アイラインは少し跳ね上げるように太く強めに書いてOKです。ペンシルタイプのアイライナーを使って目尻から2〜3mm手前のところからこめかみ方向へ水平気味にスッと伸ばし、2mm程目尻より長めに仕上げていきましょう。

3.マスカラ
マスカラはビューラーでまつげをしっかりあげた後、上まつげはダマにならないよう濃い目に、下まつげは軽めに塗ります。

アラフォー女子必見!引き算メイクのやり方 <眉メイク・リップメイク編>

最後に、眉メイク・リップメイクのやり方についてチェックしていきましょう。

【眉メイク】
眉は顔立ちの印象を左右する大切なパーツです。最近トレンドであるアーチ眉や若い世代の女性がやっているシャープな眉は、まぶたの広がりが強調されるため老けた印象を与えやすくなります。おすすめなのは、眉山を強調しすぎないストレートな眉メイクです。淡いブラウンの眉パウダーで全体を描き、仕上げに眉毛の薄い部分を軽く埋めるように濃いブラウンの眉パウダーを重ねていきましょう。

【リップメイク】
肌に馴染みやすいベージュ系の口紅(ほどよく赤みを帯びたもの)を使用します。仕上げに淡い色味のグロスを立体的に見えるよう、唇の中央部分にのせて完成です。


女性はいくつになっても若く・美しく見られたいもの…。メイクやお洋服一つでこれからの人生観が変わると言っても過言ではありません。アラフォー世代の女性は、この機会に引き算メイクに挑戦してみてはいかがでしょうか?

関連記事