【節約美容術】ストロー1本で若返る?簡単フェイスエクササイズ!

【節約美容術】ストロー1本で若返る?簡単フェイスエクササイズ!

コンビニでジュースを買えば無料でもらえるストロー。使用せずにキッチンの引き出しの中で眠ってはいませんか? 実は、このストロー1本さえあればお金をかけずに美顔器も顔負けの若返り効果に期待することができるエクササイズがあるんです!

【ストローを使ったフェイスエクササイズ】期待できる効果について

若さの鍵を握る顔周りの表情筋。年齢と共に徐々に衰えてしまう傾向がある一方、表情筋も体の筋肉と同じく継続的に鍛えることで筋肉の量を増やし、弾力のある若々しい肌へと強化することができると言われています!

表情筋を鍛えるエクササイズは様々ありますが、ストローを使うことで表情筋を動かす時の負荷が大きくなり、ダンベルを持って運動しているような状態に近づくため、より早い段階でたるみ・しわ等の肌トラブルの改善に期待できるそうです。

また、ストローをくわえることで顔に基準となる軸ができるため、まぶた・頰周りの筋肉など、それぞれの筋肉をピンポイントで意識しながらエクササイズしやすいというメリットもあります。

ストローエクササイズのやり方について

ストローエクササイズは、続けることが大切ですので歯磨きやスキンケアと同じく、毎日習慣化していくよう心がけましょう。

<ストローエクササイズを始める前に>
【姿勢について】
・骨盤を立てて座る
筋肉を正しく使うには背筋をしっかり伸ばし、正しい姿勢で行うことが大切です。椅子を用意し、お尻の骨が椅子に刺さるような角度で座ると骨盤が立ち、自然と背筋が伸びやすくなります。

・鏡は目の高さに持つ
下を向いてしまうと筋肉がたるみやすく、効果が半減してしまいます。鏡は目の高さに持ち、まっすぐ前を見ながら行いましょう。

【呼吸法について】
ストローを用いたエクササイズは、呼吸に合わせて筋肉をゆっくり動かしていくことがポイント。早く効果を得たいからと極端に早く動かしても筋肉はあまり鍛えられません。表情筋はゆっくり動かすほど負荷がかかり、効率よく筋肉を鍛えやすいので、腹式呼吸に合わせてじっくりと実践しましょう。

<ストローエクササイズのやり方 =基本編=>
ストローをくわえた状態で鍛えたい部分の筋肉にグッと力を入れ、息を吐く(5秒間)→ 形をつくったら息を全て吐き切り(5秒間)、ゆっくり息を吸いながら戻す(5秒)
この流れを5回で1セットとし、一日1〜3セット行います。

*POINT*
日頃、動かしていない筋肉も一緒に動かすため、最初のうちはなかなか上手く動かないかもしれません。もしその場合は、エクササイズの前に「あいうえお体操」を行うことをおすすめします(※ストローを加えた状態であーいーうーえーおーと声に出しながら口を動かす簡単な体操です。5回を目安に実践しましょう)。

***

表情筋が鍛えられると綺麗になるだけなく自然と笑顔も増えるなど、心まで晴れやかになるでしょう! この機会にストローエクササイズを毎日のライフスタイルの一部に取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事