あなたは何型?「遺伝子ダイエット」のコツや各タイプの特徴について

あなたは何型?「遺伝子ダイエット」のコツや各タイプの特徴について

思うように痩せることができず、ダイエットを諦めてはいませんか?実は遺伝子によって見た目や体質が決まっていることと同じように、どんな食生活・習慣を送ることで太ってしまうのか、人それぞれ決まっているそうです。遺伝子ダイエットについて紹介します。

【遺伝子ダイエット】あなたは何型?各タイプの特徴について

遺伝子ダイエットは、りんご型・バナナ型・洋梨型と3種類のタイプに分けて実践していきます。あなたはどのタイプに当てはまるでしょうか?各遺伝子の特徴についてチェックしていきましょう!

【りんご型の特徴】
りんご型の体型は、お腹がぽっこり突き出る「ビール腹タイプ」で、女性より男性に多く見られます。幼い頃は男女ともに顔や体が丸く、ぽっちゃりしているそうです。

【バナナ型の特徴】
見た目は手足が長く、全体的にほっそりとしています。太りにくい体質である一方、筋肉がつきにくいので一度太ると痩せにくいのが特徴です。

【洋梨型の特徴】
下半身が洋梨のようにどっしりとした体型で男性よりも女性に多い傾向にあります。また、日本人の56.8%が洋梨型であると言われています。

【遺伝子ダイエット】好む食事の傾向について

遺伝子のタイプは、好む食事の傾向からも判断することができると言われています。ダイエットを成功させるには食事内容を改善することが大きなポイントですので、こちらも合わせてチェックしてみてくださいね!

【りんご型が好む食事の傾向】
りんご型は筋肉に糖質を取り込ませるインスリンの働きが弱いため、バナナ型や洋梨型よりも食事の血糖値が上がりやすく、血糖値が上がることで満足感を感じやすいそうです。そのため、食事を3食しっかり食べないとイライラしてしまい、間食などの誘惑に負けやすいタイプと言われています。

【バナナ型が好む食事の傾向】
バナナ型は野菜や豆腐・海藻類などヘルシーな食材を好みやすいと言われています。また、3食きっちり食べたいりんご型に比べると、朝食やランチを抜いても平気なタイプで、食事が少し不規則になりやすいことも特徴の一つでしょう。

【洋梨型が好む食事の傾向】
洋梨型はご飯・パンなどの主食よりも肉類やジャンクフードなどハイカロリーでこってりとした食事内容を好む傾向にあります。脂肪を燃焼させる効率が悪い洋梨型は脳が「脂肪不足かもしれない」と勘違いをし、さらに脂肪を摂取したくなると言われています。

【各タイプ別】遺伝子ダイエットのコツについて

体型や食事の傾向からあなたのタイプをチェックできましたか?最後に遺伝子ダイエットのコツについて各タイプ別に紹介します。

【りんご型のダイエットのコツ】
りんご型は糖質の過剰摂取により内臓脂肪を溜め込みやすい体質なので、ご飯やパンなどの主食、ケーキなどのスイーツ類の糖質を含む食材を控える必要があると言われています。運動方法としては、心拍数を徐々に上げ、内臓脂肪を燃焼させやすい水泳・ウォーキングなどの有酸素運動がおすすめです。

【バナナ型のダイエットのコツ】
バナナ型はたんぱく質の分解が早く、筋肉がつきにくいため鶏のささみ、牛乳や大豆といった良質なたんぱく質をしっかり摂取することが大切と言われています。また、空腹時間が長くなると体温が下がり、脂肪が蓄積されやすいため、まずは1日3食規則正しく食べる習慣を身につけましょう。

【洋梨のダイエットのコツ】
洋梨型は脂質の代謝が悪いため、りんご型のように糖質を控えてもさほどダイエット効果に期待できません。主食の量はそのままで、和食をベースにした低脂質な食生活を送るよう心がけましょう。また、ビタミン・ミネラルは脂肪燃焼をサポートする役割があるので、野菜類・果物もしっかり摂る必要があるそうです。

いかがでしたか?「糖質ダイエット」「●●だけダイエット」など、色んな方法がありますが、効率よくダイエットを行うには自分の遺伝子に合った方法を実践することをおすすめします。遺伝子に合わせたダイエット方法で一生モノのスリムBODYを手に入れちゃいましょう!
関連キーワード

関連記事