アロマオイルで、大人ニキビの簡単!予防ケア

アロマオイルで、大人ニキビの簡単!予防ケア

ティーツリーのアロマオイル(精油)を使って、ニキビ予防用、化粧水レシピをご紹介。作り方、使い方を参考に予防ケアを!

化粧水 50mlのレシピ

【材料】
・アロマオイル(精油)
  ティーツリー 7滴
  ラベンダー 3滴
・植物性の無水エタノール 5ml
・ティーツリーウォーターまたは、精製水 45ml
・化粧水用ボトル 1本
※精油は天然成分100%のエッセンシャルオイルをご使用ください。

【作り方】
1、化粧水ボトルを植物性の無水エタノールで消毒しておく。
2、1に植物性の無水エタノールを入れ、さらに精油を入れる。ふたを閉めて横に軽く振りながら混ぜる。
3、2にティーツリーウォーターまたは、精製水を注ぎ入れて出来上がり。

【使い方】
お風呂の後や、汗をかいた後など、気になるところに化粧水をパシャパシャとつけるだけ!
※化粧水のボトルをよく振ってからご使用ください。

手作り化粧水を作るとき、ニキビには抗菌作用が期待できるといわれる精油、ティーツリーを使用することが多い私。いい大人ですが、時々、あごの周りや背中にぽつぽつと気になるニキビができてしまいます。そんな時に活躍するのが、ティーツリーを中心にブレンドした手作り化粧水なんです。混合肌の場合、精油は10滴を目安にし、自分に合った精油のブレンドにしてもいいかもしれませんよ。

ティーツリーとは

ティーツリーという名前から「お茶の木の一種では?」と思われがちですが、お茶の木とは種類が異なります。ではなぜ、そう呼ばれているのでしょうか? その昔、キャプテンクックが葉を煎じて飲んでいたという言い伝えがあるのだとか。確認のしようがないのが残念です…。

さて、ティーツリーは、オーストラリア原産の常緑樹。オーストラリア先住民が万能薬として使ってきたそう。感染症予防も期待できる精油なので、室内芳香にも向いています。ただ、すっきりとした独特の匂いが苦手と言う人もいるようですから、そんな時は、好きな香りのアロマオイル(精油)をブレンドして、好みの香りを作るのも楽しいですよ!

※精油の取り扱いは、ラベルやパッケージに記載されている「使用上の注意」をお守りください。
※使用する際は、必ずパッチテストを行ってください。
※精油の濃度は1%程度が一般的です。
関連キーワード

関連記事