30〜40代の女性は要注意!その口臭の原因は口内だけじゃない?

30〜40代の女性は要注意!その口臭の原因は口内だけじゃない?

女性でも口臭がキツい人はいますよね。男女問わずエチケットとして口臭は気になるものですが、女性は30〜40代になると口臭がキツくなると言われています。そして女性の口臭には、女性ならではの原因があるようです。

歯磨きだけでは万全とは言えない?口臭の原因は他にもある?

「食後に必ず歯磨きしているから大丈夫!」と口の臭いに自信のある人もいるでしょう。しかし、歯磨きをしても口臭がキツい人はいるのです。

口臭は口腔内の問題だけではないケースがあり、歯磨きだけでケアできるとは限らないそうです。口臭はあまり自覚症状がなく自分では気づきにくいため、原因を知り、しっかりケアする必要があるのです。また、虫歯予防のケアは口臭予防の最低限のマナーでしょう。

ホルモンバランスが原因で発生する口臭とは?

口臭の原因はさまざまですが、なかでも唾液の分泌量は重要です。唾液には口の中を清潔にし、細菌の働きを弱める作用があり、口臭を防いでくれると言われています。逆に唾液が少なくなると口が乾き、虫歯や歯周病、さらには舌苔や膿栓などの口臭の発生につながってしまうことも。これは女性特有の口臭にも大きく関係しており、たとえば女性ホルモンの減少は、唾液の分泌を抑えてしまうと考えられているのです。結果、口の中の細菌が増殖し、口臭が発生してしまうそうです。

そのため、ホルモンバランスの変化があるときは、意識的に口臭に注意したいですね。特に生理の時期は、免疫力が低下しますので口臭原因につながりやすいです。さらに妊娠期間中は、歯周病菌を増殖させるエストロゲンという女性ホルモンが大量に増えると言われており、口臭の原因のひとつとされる歯肉炎になる可能性があります。

また不規則な生活が続いていたりすると、ホルモンバランスは乱れがちです。生理や妊娠期間に限らず、十分な睡眠とストレスを溜めない生活を心がけましょう。

30〜40代に多い口臭の原因?ドライマウス症に注意!

30〜40代になると、20代の頃に比べて舌の筋力が落ち、唾液を作る力も衰えやすくなります。そうなると口が乾くドライマウス症になることがあり、口臭の大きな原因につながりやすいのです。ドライマウスの人は、こまめな水分補給で口を潤すことを心がけましょう。

また、食べ物はよく噛んで食べたり、唾液腺のマッサージをしたりと、日頃から唾液の分泌促進を意識すると良いでしょう。そして仕事や家庭のストレスをできるだけ溜めず、ホルモンバランスの乱れに注意して口臭予防をしていきましょう。

(※本記事は2017年7月4日に公開したものを再編集しています。)

関連記事