【史上最強の肌温マイナス4℃という冷却力!】冷え冷えコスメニュース

【史上最強の肌温マイナス4℃という冷却力!】冷え冷えコスメニュース

夏限定だった冷え冷えコスメがひそかに勢力を拡大中。ひんやり使用感メインから保湿重視へとケア効果も強力

夏コスメを代表する一大人気カテゴリーに

ひんやりさっぱりの清涼感で熱狂的なファンも多い、通称冷え冷えコスメ。初夏を彩る風物詩の定番、と思いきや、意外にトレンド変化もあれば、人気アイテムの入れ替わりも少なくない。
そもそも、ひんやり浴用剤やボディシャンプー、お湯を浴びるとなぜかひやっとするボディセラムなど※1ボディ系が中心だったけれど、その後、フェイスケアに人気が移行。毛穴をきゅっと引き締める洗顔料や化粧水、冷蔵庫で冷やして使うシャーベット美容液など、低温コスメ※2が台頭した。コスメ専用冷蔵庫まで次々と登場したのは記憶に新しいところ。最近では、氷結感触のスプレー式CCベース等、メイクにまで勢力を広げ、夏コスメの一大ジャンルとなっている。
その一方、メインのスキンケアジャンルにおいては、技術革新のムーブメントが。

夏枯れの潤い補給が主眼“毛穴きゅっ”はおまけに

筆頭が、今年リデビューするジバンシイのイドラ スパークリングシリーズだ。昨年限定発売されたシートマスクも肌温マイナス4度という、史上最強クラスの冷却力を備えながら、狙いは今までの“毛穴きゅっ”ではなく“うっるうる”の潤い補給※3!
「最新のスパークル系は、きーんとするような冷え感ではなく、肌が潤いで満たされたときの、みずみずしいひんやり感。いちばんの目的はたっぷりの潤いを与えることで、クール感もみずみずしい潤いを実感していただくためのものです」とパルファム ジバンシイの岡田薫さん。「今年の新作のアイ スティックも、目的は目元を冷やすこと自体ではなく、皮膚温を変化させて血流を促すこと※4。その結果、くすみやむくみ、クマを和らげるのが狙いです」
かつて、クール感を際立たせるためにアルコールやメントールを大量配合し、「毛穴は引き締まるかわり、かさつきも気になる」といわれた頃とは、ケア効果も処方も大違い。「メントールは配合していません」(岡田さん)、RMKのひんやりジェルも、「みずみずしい感触は保湿剤やフルーツエキスによるもので、ミントはほんの少量。保湿が疎かになりがちな暑い季節に、しっかり潤いを補ってもらうための味付けみたいなもの」(RMK 大山幸恵さん)だ。
使用感、ケア効果ともに洗練された結果、国際的にも人気上昇中。「実際、中国からの需要が増えたのと、ここ数年、世界的に気候の変化が激しいせいか地域を問わず、ベーシックなスキンケアとして人気が高まっています」(岡田さん)

中国経済の成長と地球温暖化! コスメは時代を映す鏡だと、あらためて痛感させられる結論に。

※1 男女を問わず超人気だったクールバスクリンは通年の定番商品に。2008年にはバスクリン クールに改名された。さらにクリニークの冷え冷えボディスクラブ、スパークル スキン ボディ エクスフォリエーティングクリーム(現在は廃番に)など、インバスの冷え冷えボディものが、百花繚乱。この流れは、のちのシャリシャリの氷結頭皮エッセンス等に引き継がれることに。
※2 処方技術の進化で、ひんやり感触のシャーベット洗顔料や潤いが弾ける化粧水が数多く登場。2015年にはクール便で届いて冷蔵庫収納のHAKU メラノクール ホワイトソリッドがデビューし、ベストコスメを総なめにする人気に。
※3 ファンデの進化によって夏の肌悩みの主流は、汗や皮脂によるテカリから、冷房などによるインナードライへ変化。表面は汗などで潤っているようでも、内部は水分不足の肌が増えているという。こうした流れを受けて、冷え冷えアイテムも高温多湿の季節も心地よく保湿ケアをするための高保湿ケアへと進化。
※4 血流促進というと、温めることだけを考えがちだけれど、温冷を繰り返すのがベスト。暑い季節はあえて冷やして活を入れるという方法も。

1【RMK】クーリングアイテムは毎年ヒット! 今年は保湿に優れたジェルが登場
肌にのせると、ひんやりジェルがシュワッととろけてさらにみずみずしく。瞬速で潤いを注入しつつ、肌をきゅっと引き締めて、後肌さらさらと、夏に最高のお利口保湿。潤いをたっぷり与えながらべたつかず、さらさらなのに乾かないのも、処方技術の進化の賜だ。
スキンチューナー クーリングジェル 150ml ¥3400(6/2限定発売)/RMK Division

2【AVEDA】オイルにも本格的な冷え冷え系が加わり、ますますバラエティが充実
冷え冷えの王道を突き進むメントール成分がメインだけれど、保湿の女王オイルとのコラボで最新のリフレッシュ&保湿ユースに進化。頭皮マッサージからコリのリリースまでオールラウンドに使えるのも今っぽい。オーガニック ペパーミントやブルーカモミールなど100%自然界由来成分製。
クーリング バランシング オイル 50ml ¥3800/アヴェダ

3【GIVENCHY】みずみずしくフレッシュな高保湿シリーズが世界レベルで人気
昨年デビューの冷え冷え保湿ラインが、大人気を背景に4アイテムを追加。なかでも注目がひんやりクリームがとろけるような感触のアイ スティックと、みずみずしくべたつかない水性クリーム。梅雨時に重い感触は嫌だけど、かさつきが気になる人に。
イドラ スパークリング アイ スティック 5ml ¥4900、同ベルベット 50ml ¥8000 /パルファム ジバンシイ

撮影/国府泰 文/近藤須雅子

関連キーワード

関連記事