あなたの顔に「美肌菌」はいる?美肌を生み出す皮膚常在菌とは?

あなたの顔に「美肌菌」はいる?美肌を生み出す皮膚常在菌とは?

どんなにキレイな顔の女性でも、その肌にはたくさんの「菌」が棲んでいるということをご存知ですか?その名前は「皮膚常在菌」。でもそれらの中には美肌づくりの鍵となる「美肌菌」と呼ばれる菌がいるのです!美肌菌とはいったい何者なのでしょうか?

「美肌菌」は皮膚常在菌の「肌フローラ」が鍵を握る!

どんなに毎日お風呂に入っていても、人の皮膚には「皮膚常在菌(ひふじょうざいきん)」と呼ばれるたくさんの「菌」が棲んでいます。その数は、顔だけでも10億個、皮膚全体では約1兆個ともいわれています。

「菌」と聞くとぞっとしますが、近年になって話題の「腸内細菌」のように、皮膚に「菌」が棲んでいることで、外部からくる有害な刺激(有害な菌や花粉など)などから私たちの体を守ってくれているといわれています。

ただし、その皮膚常在菌の中には、肌に良い作用をもたらす「善玉菌」と肌に悪い作用をしてしまう「悪玉菌」の2つの種類があると考えられています。それらのバランスを整え「肌フローラ」を正常に保つことが美肌の鍵といえるでしょう。

皮膚常在菌の善玉菌が美肌を生み出す「美肌菌」だった!

肌に良い作用をしてくれる善玉菌、その名前は「表皮ブドウ球菌」。これこそが美肌を生み出す「美肌菌」の正体だったといわれています。美肌菌は、以下のような肌に良い作用をもたらすとされています。

●保湿:化粧水の保湿成分でもある「グリセリン」に似た成分を生産し、美肌に最も大切な「肌の潤い」を守ってくれることで、肌が潤って自然に美肌へと近づくそうです。

●抗菌:「抗菌ペプチド」という抗菌作用のある成分を生成し、外部から来る悪い菌などから私たちの肌を守ってくれるそうです。また、この表皮ブドウ球菌の数が減って働きが弱まると、皮膚常在菌でも「悪玉菌」とされる「黄色ブドウ球菌」などが増殖し、その結果、さまざまな肌トラブルをもたらすといわれています。

皮膚常在菌の中の「悪玉菌」!その種類と関連する肌トラブルとは?

◆考えられている悪玉菌の主な種類と働き

●黄色ブドウ球菌:肌荒れ・とびひ・アトピー性皮膚炎など
皮膚常在菌の中でも、悪玉菌とされている代表格が「黄色ブドウ球菌」です。増殖すると肌の潤いを保つためのバリア機能を低下させて、肌の乾燥をもたらすそうです。その結果、それらに伴うさまざまな肌トラブルや肌の老化までも引き起こすとされています。また傷口などから体内に入ると全身に水疱ができて炎症を起こすような「とびひ」になったり、アトピー性皮膚炎との深い関係があるともいわれています。

●アクネ桿菌(かんきん):ニキビなど(一部のアクネ桿菌による)
ニキビといえば「アクネ桿菌」というくらい有名かもしれませんが、この「アクネ桿菌」でも、ニキビの原因になる種類とニキビの原因どころか表皮ブドウ球菌のように肌に良い作用をもたらす2つの種類があるそうですが、どちらにしても「アクネ桿菌」の増えすぎがニキビ発生に関係しているといわれています。

●マラセチア真菌
普通の健康な肌であればあまり問題のない菌とされていますが、肌フローラのバランスが崩れるなど何らかの原因で増殖すると、フケや脂漏性皮膚炎、アトピー性皮膚炎の悪化などをもたらすとされています。

肌にも善玉菌と悪玉菌があったとは驚きですね。あなたの肌トラブルは、もしかしたら「肌フローラ」の乱れからくるものだったのかもしれません。今後も「肌フローラ」には注目です!
関連キーワード

関連記事