美味しいだけじゃない!「フローズンヨーグルト」が夏ダイエットに◎

美味しいだけじゃない!「フローズンヨーグルト」が夏ダイエットに◎

「痩せたい!でも食べたい!」ダイエット中に思わずつぶやいてしまうこの言葉。でも、ダイエット中でも安心して食べることができるおやつがあったらうれしいですね。そこで、簡単に作れてアレンジもしやすいフローズンヨーグルトを紹介します。

ダイエット中のおやつにオススメなのは【ヨーグルト】

そろそろ夏本番。今年の夏こそはスリムな体で!とダイエットに励んでいる人も多いのではないでしょうか。

ダイエットというと特定の食材を摂取したり、逆に制限を加えることが多いものです。でも、一番大切なのは継続可能な範囲で食生活や日常生活を整えること。つまり、急に極端なことをするのではなく、自分の生活の当たり前となっていることにきちんと向き合うことが基本です。ですから、ダイエットの大敵と思えるおやつも、量や質さえきちんと考えてあげれば、むしろダイエットの味方にもなるのです!

「おやつ=間食」は上手に取り入れることで、ダイエットにつきものなリバウンドを防ぐことができます。体重の変化は緩やかであっても、痩せた体型をしっかりとキープできた方がいいと思いませんか? 間食を摂ることの一番のメリットは、血糖値を一定に保てることです。食事の回数や量を減らしすぎると、食事をした際の血糖値が急激にあがるため、インスリンが大量に分泌されて糖が脂肪へと変わりやすくなり、結果太りやすい体質になる可能性が高くなります。

また、間食のもうひとつの大きなメリットは、ダイエットによるストレスを軽減できることです。制限や禁止事項が多くなればなるほど、人はストレスを感じやすくなり、ちょっとしたことでどか食いをしてしまったり、ダイエットを諦めてしまったりする可能性が高くなります。ですから、きちんと間食を摂ることが、空腹感とストレスを軽減し、しっかりと食欲をコントロールできるようになるのです。

では、美肌をキープしつつダイエット中の間食にオススメの食材は? それは「ヨーグルト」です。「腸内環境」「美腸」という言葉をよく耳にするようになりましたが、「第二の脳」と呼ばれる腸の状態を美しく整えることが、美肌や健康へ大きな影響を与えます。ですから、乳酸菌やビフィズス菌が豊富なヨーグルトは、ダイエット中でも積極的に摂りたい食材のひとつなのです。

簡単すぎる!? 基本のフローズンヨーグルトの作り方

腸を整え美肌を作ると言われている「ヨーグルト」。そのまま食べるのも美味しいけれど、夏は「フローズンヨーグルト」がオススメです。夜中にふと食べたくなるアイスクリームの代わりに冷凍庫へ忍ばせておきましょう!

作り方は簡単すぎてびっくり!

・ヨーグルト 500g
・生クリーム 200ml
・砂糖 大さじ3〜5

1)生クリームに砂糖を加え、泡立て器で八分立てにする。
2)ヨーグルトを加えて混ぜ合わせ、バットやタッパーに入れて冷凍庫へ。
3)少し固まったところで全体をかき混ぜて空気を含ませ、再び冷やし固めたら出来上がり。


生クリームのカロリーや脂質が気になる人は、生クリームを牛乳に変えてください。全ての材料を混ぜ合わせて冷凍庫へ入れたら、30分〜1時間おきに何度かかき混ぜながら固めたら出来上がりです。こちらの方がしゃりっとした舌ざわりです。

アレンジして楽しもう【フローズンヨグルト】

出来上がったフローズンヨーグルトは、冷凍庫で一ヶ月ほど持ちますので、そのまま食べるだけではなくいろいろなアレンジを楽しんでくださいね。

◎フルーツを加えて
いちご、バナナ、りんご、ブルーベリーなどお好みのフルーツを刻んで混ぜ合わせれば、フルーツフローズンヨーグルトの出来上がり!

◎グラノーラやシリアルを添えて
グラノーラやコーンフレークなどのシリアル製品を混ぜたり添えるとボリュームアップ。軽い朝ごはんにもなりますね。

◎スーパーフードでパワーアップ
美肌が気になる人は、老化予防・防止効果が期待できるポリフェノールが豊富なアサイー、便秘がちな人は食物繊維が豊富なチアシードを加えてみましょう。


冷たくて美味しいおやつを味方につけて、夏のダイエットを成功させましょう!

関連記事