【今年の夏は絶対くずれない】ノーファンデ派の夏メイクテク公開!

【今年の夏は絶対くずれない】ノーファンデ派の夏メイクテク公開!

気温の上昇とともに気になる日中のメイクくずれに立ち向かうための秘策を美のプロたちが大提案。今すぐモノにして、オフィスもイベントも誰より涼しげな表情で過ごしましょ。

まずは基本の仕込みテクから!

UVカットできる乳液でうるおいをたっぷり与えることで、日中、過剰な皮脂の分泌を防止。ドロドロになりやすいTゾーンや毛穴が開きがちな頬は専用の下地に頼るのが正解。

1.UV乳液をパール大2粒分手の平に取り出し、両手になじませる。テクスチャーをゆるめながら温めて。

2.スキンケアを塗る要領で顔全体になじませたら、指先で下まぶたのキワまでもう一度なじませる。

3.毛穴下地はTゾーン、頬、あごに。肌を手で引っ張り毛穴を伸ばした状態で四方八方から塗り込んで。

(右)なめらかなテクスチャーで肌に優しい日焼け止め乳液。
UVイデア XL SPF50・PA++++ 30g ¥3400/ラ ロッシュ ポゼ
(左)毛穴やテカリをカバーしてサラリとした肌が長続き。保湿力も◎。
ラクチュール パーフェクト ポアカバー 15g ¥2700/コスメデコルテ

うす盛り肌のつくり方♡

使うのはコンシーラーとフェイスパウダーだけ。両者をうすーく重ねることに徹して、くずれる“隙”を与えないのが最大のポイント。極論、目の下から頬骨にかけての一帯だけ整えておけば肌はキレイに見えるから、気合を入れて仕上げるのはその“美肌ゾーン”のみと心得て。他の部分はなじませる程度でOK。メイクを密着させるためのブラシ使いもキモ!

1.とろとろになるまで!

指の腹でBの表面をくるくるとなでて、コンシーラーのテクスチャーをゆるめるところからスタート。とろとろにして肌への密着度をアップ。

2.ハケを使う感覚で軽快に

ナイロンブラシAに1 でとろっとさせたBをくるくるととり、一度手の甲にトントンと落としてから頬に。ブラシをすべらせて数回往復させる。

3.ムラっぽい部分にササッ

おでこやあごなど頬以外のパーツにもBをササっと塗ったら、仕上げに厚みのあるスポンジで密着。コンシーラーを塗った上を何度かおさえて。

4.リズミカルに小刻みに♪

フェイスパウダーCをブラシDにとる。粉が薄く均一に肌にのるように、筆先を上に向けて数回トントン。ブラシの中に万遍なく行き渡らせて。

5.引きずらないくらい軽快に

最初に頬、続いてその他のパーツにブラシでササッとフェイスパウダーをのせていく。塗るのがコンシーラーだけでもお粉は必須。

使ったのはコレ!

A.長さの異なる2種類の毛足を渦巻き状にデザイン。顔の細かな凹凸にもフィット。
rms beauty ファンデーションブラシ ¥5800

B.ファンデーションとしてもコンシーラーとしても活躍。肌に優しい処方。
rms beauty アンカバーアップ 11 5ml ¥4800/アルファネット

C.ソフトフォーカス効果の高いミネラル成分を配合。肌色に溶け込むピンクベージュのパウダーが生き生きとしたツヤ肌に。
ミネラルUVパウダー 5g SPF50・PA++++ ¥2800(数量限定発売)/エトヴォス

D.毛先が垂直にカットされた密集ブラシ。パウダーの肌への密着度を高めてくれる。
dB フラットトップブラシ ¥2000/エトヴォス

撮影/城健太(vale./人物)、伊藤泰寛(静物) ヘアメイク/長井かおり スタイリング/坂下志穂 モデル/田辺かほ 取材・文/石橋里奈 構成/河津美咲

≪こちらもチェック!≫
【エアコンの乾燥でメイクがくずれる】夏に一日中メイクをキープする方法
メイクが絶対にくずれない最新コスメ【ブランドPRのお墨付き!】
【絶対にくずれないベースメイクテク】ファンデはミルフィーユ塗りすべし!


関連キーワード

関連記事