週末の気分転換におすすめ!「フットジェルネイル」の塗り方

週末の気分転換におすすめ!「フットジェルネイル」の塗り方

職業上、手の爪が伸ばせないのでネイルはちょっと…と諦めてはいませんか?そんな時におすすめなのが、休日前の週末にこっそり挑戦できるフットジェルネイルです。より美しい足元へ仕上げるおすすめのマッサージと合わせてご紹介します。

【初心者編】フットジェルネイルの基本的な塗り方について

ジェルネイルは、マニキュアと違って専用のライトを使って硬めていくので、乾かす手間を省けるなどのメリットがあります。おしゃれを楽しみたいけれど遊ぶ時間も大切にしたい週末にぴったり!まずは基本のテクニックをおさえてオリジナルのデザインにチャレンジしていきましょう。

<ベースジェルの塗り方>
1.エメリーボードなどのアイテムで自分好みの爪の形に整えたら、ワイプ(なければ毛羽立ちの少ないコットン)にエタノールを含ませ、爪表面の水分・油分を取り除きます。
2.ベースジェルを筆の片側だけにほんの少量とり、爪元から髪の毛1本分ぐらいのキワを残して塗り始めます(根元から塗ると肌とくっついてしまい、ジェルが剥がれる原因になりやすいので要注意です)。
3.中心から両サイドを塗っていきます。何度も重ねずに1〜2回でムラなく塗るようにすると良いです。
4.筆に残っているジェルを使って爪の先端部分にもぽんぽんと塗っていきましょう。
5.使用したジェルのメーカーで決められている時間を確認し、LEDライトで硬化させます。

<カラージェル・トップジェルの塗り方>
1.カラージェルもベースと同様、髪の毛1本分のキワを残し、少量のジェルを下から上に向かって塗り始めます。最初は筆を立て気味にし、先端に向かって徐々に筆を倒すようにしましょう。
2.はみ出しに注意しながらサイドを塗っていきます。万が一はみ出した場合は、ウッドスティックを使って爪の内側に寄せるようにして取り除きましょう。
3.先端も忘れずに塗り、LEDライトで硬化させます。
4.1〜3と同じ流れで二度塗りをします。ムラにならないよう、量の取りすぎには注意しましょう。
5.トップジェルをベース・カラー同様に爪元から髪の毛1本分のキワを残し中央〜サイド・先端まで厚さが均一になるように塗り、LEDライトで硬化させます。
6.コットンにジェルクレンザーを含ませ、未硬化ジェルを拭き取ります(あまり力を入れすぎないよう注意してください)。
7.キューティクルオイルで爪全体を保湿して完成です。

未硬化ジェルとは、硬化を繰り返しても上手く硬まらずにベタベタ残ってしまうジェルのことを言います。また、足の指同士は距離が近いので、トゥセパレーターというアイテムを使って、固定しながら塗ると失敗を防ぎやすいです。トゥセパレーターは100円均一でも取り扱いがあるそうなので、フットジェルネイルを実践する前に購入しておくといいでしょう。

ジェルネイルをより美しく見せる!フットマッサージのやり方

足裏から足首を中心とした簡単なマッサージ方法です。フットジェルネイルの時だけでなく、定期的に実践することで長時間歩いても疲れが溜まりにくいと言われています。

<フットマッサージのやり方>
1.500円玉より少し大きめにとったボディクリームを手の平で温め、足の甲から足首までクリームを馴染まます。
2.足の指の間に手の親指を挟み、グッと指圧します。
3.両手の親指を使って、足裏の土踏まずの辺りから指先に向かってグッと押し流していきます。
4.手で包み込むようにかかとから足首のくぼみ部分を揉みほぐします。
5.2〜4の流れを3分間を目安に実践しましょう。

ワンランク上のおしゃれを極めるなら足元から!この機会にフットジェルネイルでおしゃれの幅をより広げてみてはいかがでしょうか?
関連キーワード

関連記事