脚痩せなら90度?浅め?スクワットの正しいやり方を伝授♡

脚痩せなら90度?浅め?スクワットの正しいやり方を伝授♡

下半身痩せに効くエクササイズといえば、やっぱり「スクワット」。下半身に負荷をかけ、お尻や太ももをスッキリと引き締めるのに役立ちます。でも、やり方を間違...

下半身痩せに効くエクササイズといえば、やっぱり「スクワット」。下半身に負荷をかけ、お尻や太ももをスッキリと引き締めるのに役立ちます。でも、やり方を間違えるとかえって太くたくましい脚や大きなお尻を作ってしまうことに...!? では美脚&ヒップアップに効くスクワットの正しいやり方って? 早速見ていきましょう!

たくましい下半身に!? 90度スクワットはNG

90度スクワット

両脚を肩幅程度に開き、ひざの角度が90度くらいになるところまで曲げていき、元に戻るという方法。中学や高校の部活で行っていたのは、このようなスクワットだったのでは? 

実際、下半身の筋肉を強化したい場合には、深くひざを曲げるやり方のほうが効果も大きいと言われています。上半身の重さを負荷に、太もも、ふくらはぎ、お尻から上半身までダイナミックに動かすため、アメフトのようなパワーが重要なスポーツのアスリートにぴったりです。しかし細く美しい脚やキュッと引き締まった桃尻を目指すなら、深いスクワットはNG! 太ももに大きな負荷がかかるため、脚が太くなってしまうので脚痩せしたい人にはおすすめできません。

脚痩せ&ヒップアップには浅いスクワットが◎!

浅いスクワット

脚を開いて立った姿勢から、わずかに身体を沈ませるだけの浅いスクワットなら、大きな負荷がかからないので脚を太くせずに、引き締めることが可能に。浅いスクワットをする際は、脚の力ではなく、お腹の力で身体を持ち上げるよう意識して。肋骨の下側に左右の指先をかけ、お腹の筋肉を肋骨の中に引き上げるイメージで行うと◎。代謝を上げつつムダな脂肪を落とせます。この動きはバレリーナの身体の使い方に近く、継続すればほどよく筋肉のついた、すらりと細い脚&立体的な桃尻へと変わっていきますよ♪

すらっと脚と美尻を手に入れる♡浅いスクワットのポイント

浅いスクワットを行う際は、お腹の力で身体を持ち上げるよう意識するだけでなく、こちらのポイントも気をつければ効果的ですよ!

ひざがつま先より前に出ないようにお尻を少し後ろに引く太ももの前側の負担が軽くなり、お尻など身体の裏側の筋肉をうまく使うことができ、ヒップアップも期待できます。 足の向きは、つま先をほんのすこしだけ外側に開くつま先の向きが内側(内股)だと、太ももの外側に力が入って、太ももの筋肉を大きくしてしまうことも。身体を引き上げるときに、内ももを前面に出すとお腹にも力が入るのでなお良いです。 つま先とひざを同じ方向に方向がずれていると足首や膝の関節に無理な力が働き、関節を痛めることに。 お尻の力は抜くお尻ではなくお腹の力で引き上げることで、自然とヒップアップが可能に。空のペットボトルを吸うと凹むように、中からお尻がペコンと凹むようなイメージで。 呼吸は上に引き上げるときに吸う肩が上がらないように気をつけて、ストローを吸うときのように吸いましょう。お腹は上げて肩甲骨は逆に下げます。井戸の滑車のように、紐は下へ、水桶は引き上げられるイメージです。

下半身の引き締めに効くから...となんとなく90度のスクワットしていた人も、今日から浅いスクワットに切り替えて、キュッとひきしまった下半身を目指しましょう♪

参考文献:八田永子著『やっぱりおなか、やせるのどっち? 勘違いだらけのエクササイズ』(幻冬舎)

photo:shutterstock(1枚目), 八田永子著『やっぱりおなか、やせるのどっち? 勘違いだらけのエクササイズ』(幻冬舎)(2・3枚目)
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事