思わず触れたくなる、とろけるような柔らかボディになれる簡単ケア

思わず触れたくなる、とろけるような柔らかボディになれる簡単ケア

柔らかくて白いマシュマロのようなボディは、男性だけでなく女性にも大人気。夏は脚や腕の露出が多いファッションが増えてきますが、ザラザラしたボディでは魅力が半減してしまいます。そこで思わず触れたくなるボディになれるケアにトライしてみませんか?

乾燥を放っておくのはNG!柔らかボディになるには黒ずみケアと保湿ケアが大切

ついフェイスケアにばかり目が行きがちですが、ボディの乾燥を放っておくと、肌のかゆみや肌荒れを起こしまう可能性があります。

乾燥を防ぎつつ、とろけるような柔らかボディに近づくには、肘や膝の黒ずみケアとお風呂上がりの保湿ケアがポイントです。なめらかでふわっとした柔らかボディを手に入れて、あなたの魅力を底上げしちゃいましょう。

とろけるような柔らかボディになるためのケア方法

肘や膝が黒ずんでいて自信が持てないという女性が多いようですが、週に1〜2回の黒ずみケアを根気強く続けていけば改善されていくでしょう。

まずは、保湿効果の高いバスミルクを入れた湯船に浸かり、肘や膝のごわついた皮膚を柔らかくしておきましょう。その後にゴマージュやスクラブを肘や膝に馴染ませてくるくるマッサージをするように不要な角質を除去していきます。洗い流した後は、オイルをたっぷり塗り込んでくださいね。

また、柔らかボディになるには、毎日のお風呂上がりの保湿が肝心。お風呂上がりの濡れた肌に、ボディオイルを馴染ませて、下から上に向かってリンパマッサージをしていきましょう。その後、ボディミルクを上から重ねて潤いをプラスしていきます。デート前や特別なイベントの前日にはスペシャルケアとして、オイル→ミルク→オイル→ミルクのミルフィーユ塗りをすると、きめの細かい艶やかな肌に近づけるでしょう。

ボディにオイルやミルクを塗るときは、ただ肌の上に馴染ませるだけでは保湿効果を発揮できません。オイルやミルクを塗ったあとは、手のひらでくるくると円を描くように塗り込んだり、縦と横に向かってしっかり入れ込むようなイメージで塗ることで、隅々まで潤いを届けることができるそうです。

念入りなボディケアでとろけるような美肌に

さらに寝る前に濃厚なボディクリームを乾燥しやすい肘と膝を中心に塗り込んでおけば、翌朝驚くほど柔らかいボディになっているはずですよ。

とろけるようなボディになるには、毎日根気強くケアしていくことがポイントです。フェイスケアだけでなく、ボディケアにも力を入れて思わず触れたくなる憧れのボディを手に入れてみてくださいね!

関連記事