美容オイルを最初に仕込んでつい触りたくなる「なめらか肌」に!

美容オイルを最初に仕込んでつい触りたくなる「なめらか肌」に!

ぷるぷるでつるんとしたなめらかな肌は、つい触れたくなってしまいますよね。なめらか肌になると、ファンデーションのノリも抜群に良くなり、すっぴん肌にも自信が持てるはず。美容オイルをスキンケアの最初に取り入れることでなめらか肌に近づけるのです。

夏は冷房の乾燥で肌がごわつきがち…そこで美容オイルの出番!

乾燥するのは秋や冬のイメージがありますが、夏は汗をかいた状態で冷房の効いた部屋にいると、汗や水分が蒸散して肌が乾燥しやすくなってしまいます。

いつものスキンケアをしても、肌がごわつきやすくファンデーションのノリが悪いという方は、美容オイルをスキンケアの最初に使って、なめらか肌を目指してみませんか?

なめらか肌になれる美容オイルの使い方

美容オイルを洗顔後にブースターとして付けることで、肌がふっくら柔らかくなり、そのあと使う化粧水や美容液の筋道を作ってくれると言われています。

夏はベタつきがちなスキンケアをできるだけ避けたいという方もいるはずですが、美容オイルを洗顔後にすぐ付けることでベタつき知らずのなめらか肌に近づけるでしょう。

スキンケアで使う美容オイルは、親水性に優れたホホバオイルやアルガンオイルなどのオイルがおすすめです。

使い方は、洗顔後の濡れた肌に美容オイルを1〜2滴手のひらに取って温めてから顔全体に馴染ませていきます。オイルを塗りながら、顔のリンパマッサージをすることで浮腫みが取れたり、どんよりとしたくすみを軽減することができたり一石二鳥!? 仕上げに手のひらで押し込むようにハンドプレスをしていきましょう。

オイルを馴染ませたら、化粧水をコットンにたっぷり含ませて顔全体にムラなく塗布。さらに手のひらに化粧水を取って、何回かに分けて重ねづけしていきます。あとはお気に入りの美容液と乳液やクリームを薄く伸ばせばお手入れ完了です。

夏こそ美容オイルをスキンケアに取り入れて!

夏は冷房などにより、肌表面はテカテカ潤っていても肌の内面が乾燥しているインナードライ肌に悩まされる方が多いようです。

そこで美容オイルをブースターとして使い、肌をほぐして柔らかくしてからいつものスキンケアをしていけば、ぷるぷるでつるんとしたなめらか肌に近づけるはず!ぜひトライしてみてくださいね。

関連記事