【ベスコス2017】メイク部門のTOP2は……あのファンデとパウダーだった!

【ベスコス2017】メイク部門のTOP2は……あのファンデとパウダーだった!

2017年上半期、美容のプロの心をわし掴みにしたコスメがついに決まる! 美容業界の顔ともいうべきプロ中のプロ53名が、VOCE読者のためにゼロから選んで厳正に採点。プロが感服した、今期を代表する珠玉のコスメはどこのブランドのどれ!?

しなやかで清らかな“今の肌”が実現!

テクノロジーの進歩を実感できるのは、スキンケアだけにあらず! ベースメイクコスメの進化を証明するように、シャネルのファンデーションが最優秀賞を獲得。憧れの美肌はもう憧れじゃない!

【最優秀賞】シャネル ル ブラン コンパクト ラディアンス SPF25・PA+++ 全6色 ¥7500(レフィル¥6200)

≪このコスメをチェック!≫
シャネル ル ブラン コンパクト ラディアンス

日本女性のニーズを、ひとつで叶える!

気温や湿度がいかに変化しようと、その変化に対応しながら美しい仕上がりを保つ。それがこのファンデーションのポイントだ。カギになるのはスマート サーマル コンプレックスというテクノロジー。「球状とプレート状のキメ細かなセラミック粒子を組み合わせたオリジナルの構造体です。この構造がバッファーとなり、気温やそれに伴う湿度の変化から肌を守り、肌にとっての最適な環境を保ちます」と安藤さんは解説する。開発にあたって最も苦労したのは、繊細なパウダーでありながら“しっとり”とした潤いの日本女性のニーズを、ひとつで叶える!ある心地よさを両立させることだったとか。「このテクスチャーを実現させるため、様々な素材とテクノロジーとの組み合わせを試行錯誤しました」
シャネルの誇る美白ライン、ルブランシリーズのアイテムとして存在感はもはや不動のもの。「シャネルにとっての美肌とは、均一でくすみのない輝きのある健康な肌のこと。バイタリティーが肌の内側から表面へとあふれ、同時に光も内側から外側に放ち、輝いて見える肌を叶えることで、心から自信にあふれる女性になれると思います」
(シャネル リサーチ アンド テクノロジー 日本研究所 所長 安藤信裕さん)

審査員も大絶賛!

繊細なパウダリーで、肌をとても美しくしてくれる。ツルンとしたツヤもあって、立体感も出現。

どんなシーンでも、このファンデを使える。このファンデだけで、今っぽい肌がつくれる。

沈んだ顔色が一瞬で清々しく! さらっと仕上がる軽さ、潤い、ツヤも堪能できて、パウダリーのいいところと欲しいところをバランスよく叶えてくれる。

パウダリーなのにしっとりしていて、乾燥知らず。気温や湿度の変化から肌を守ってくれて、カバー力がありながら、時間が経過してもすごくキレイなまま

適当に塗ってもムラにならず、自然に一段色白に。くずれにくいから化粧直しも不要です。

纏うというよりも、羽織るような感覚で使える心地よさ。簡単にキレイな肌に仕上がって、時間が経ってもくすみが気にならないから快適そのもの。肌がキレイだから生まれる余裕みたいなものまで手に入る。

粉感ゼロのしっとり感触と極軽のつけ心地で、するんとした透明感のある肌が完成。毛穴やキメもキレイにぼかせてリタッチにも大活躍。

さっとひと塗りで上質。なのにヌケ感も。最高に“今っぽい”が凝縮されたパウダリー。

シャネルのPR 山本香澄さんに質問!

Q.この製品は、どんな人におすすめですか?
「パウダリーファンデーションの手軽さと引き換えに『つるんとなめらかで、しっとりツヤのある肌』を諦めていた人には朗報です!」

Q.発売後の反響はどのようなものですか?
A.「人気ファンデーションが₃世代目にバージョンアップするということで、期待値はもともと高いと予想していました。蓋を開けてみると絶好調! ₃年前と比べて₃割増しの反響です」

Q.パッケージにもこだわりがあるそうですが?
A.「小さめのバッグを持つとき、ファンデーションは置いてけぼりになりがちですが、このコンパクトは持ち運びしやすいように考えられたサイズ。オシャレのバランスをキープできます」

際立つ透明感! 肌をぐんと格上げ

エレガンスから登場したルースパウダーが優秀賞に! 流行に左右されない、美しい肌を追求してきたブランドの姿勢にも高い評価が集まった。大人にふさわしいパウダーの大本命!

【優秀賞】エレガンス フェザー ヴェール SPF10・PA+ 全3色 ¥7000/エレガンス コスメティックス

≪このコスメをチェック!≫
エレガンス フェザー ヴェール

リアルな肌を超える別次元の仕上がりへ

エレガンスといえば、名作の“ラ プードル”がある。あえての新しい製品は必要だったのか?「“ラ プードル”はエレガンスを象徴するフェイスパウダーで、愛用してくださっているお客様もたくさんいらっしゃいます。“ラ プードル”中毒の方が『これも使いたい!』と思ってくださるような高品質のフェイスパウダーを開発したいと考えていました。提案する美しさにバリエーションを持たせ、新たな美に出合っていただきたかったのです」と大西さん。目指したのは画像加工にも負けない美肌補整力。
「毛穴や凹凸を修正して、まるでなかったことにしてくれる“美肌モード”のような仕上がりを目指しました。パウダーを重ねるほどにソフトフォーカス効果が増し、透明感が極められていきます。フェザー ヴェールを使うことで、一昔前の自分、いえ、それ以上の透明感に出合うことができます!」
様々な経験を経た女性としての深みを感じさせるのに、肌の印象はピュア。それって、無敵かも!「精巧でいて、リアルを超越した完成度。想像以上ではなく、別次元の美しい仕上がりを目指せます」
(エレガンス コスメティックス 商品開発部 商品開発プランナー 大西千賀子さん)

審査員も大絶賛!

ラ プードルというパウダーの金字塔を育ててきたエレガンスのおしろい作りへのこだわりを物語る羽根おしろいは、つけているほうが肌が軽い。花粉症予防にもという視点の新しさにも一票。

とにかく軽くてつけた途端に肌感が変わる。外出中の毛穴・くすみ・テカリ直しにも出番が。

パウダーの色や風合いはそのまま自分を印象づける空気になる。ふわりとやわらかく透明な空気感。色は『どんな女になりたいか『』どんな女に見られたいか』で選ぶのがいい。

“ふんわり、しっとり”な質感と繊細な粒子が気持ちいい! 肌がキレイにワントーン明るくなる。

まさしく、フェザーのような軽さ。透明感がふわっとアップする001がとくにお気に入りです。大人の女性にふさわしいパッケージも素敵です。

キメ細かく、自然に肌になじみつつ、透明感がぐんとアップ! くすまないのもいいところ。

肌にのせたときに溶け込んでいくような感触がとてもいい。それぞれの色がどれもよくて、仕上がりのイメージに合わせて使い分けられる。

毛穴やくすみが一瞬で飛ぶ仕上がりは、まるで美肌アプリ。粉感ゼロのつけ心地も快適です。

エレガンスのPR 奥野由紀子さんに質問!

Q.ズバリ、肌はどんな仕上がりですか?
A.「ソフトフォーカス効果でキメ・毛穴も消して、透明感が高く、ポイントメイクが映える肌に。透明感を求めている方はもちろん、ルースパウダーを使っていない方にこそオススメです」

Q.使った人からはどんな反響が?
A.「羽根のように軽やかな使用感が特長です。『驚くほど軽くて透明感がすごい!』『パウダーの重要性が分かった』『サラサラした肌あたりでメイク持ちがいい!』という声をいただいています」

Q.もっと美肌に見せる使い方のコツは?
A.「パフでらせんを描くようになじませてください。重ねても厚くならず透明感が増していきます。伸縮性のあるネットを初採用し、パフに粉体を含ませ量をコントロールしやすいのも特長です」

≪2017上半期ベストコスメをチェック!≫

http://i-voce.jp/cosme/bestcosme/2017ss.html

撮影/伊藤泰寛、嶋田礼奈 取材・文/穴沢玲子、丸岡彩子、小池菜奈子 構成/鬼木朋子、与儀昇平

関連キーワード

関連記事