皮膚常在菌の「美肌菌」を減らす原因は××!菌を育て美肌になる方法

皮膚常在菌の「美肌菌」を減らす原因は××!菌を育て美肌になる方法

顔の皮膚常在菌の中には美肌を作る「美肌菌」がいるのをご存知ですか?そんな大事な美肌菌も、ある方法を間違えると、増えないどころか激減してしまって、肌荒れやニキビなどのきっかけになってしまうこともあるとか。美肌菌を減らす原因と増やす方法とは?

「美肌菌」とは?皮膚常在菌の中の「表皮ブドウ球菌」!

人間の皮膚全体には「皮膚常在菌(ひふじょうざいきん)」という菌が約1兆個はいるとされています。「菌」といっても、人間の腸内に棲んでいる「善玉菌」のように、私たちの体を外的から守ってくれているありがたい存在の皮膚常在菌と言われています。

◆潤いを守る表皮ブドウ球菌
皮膚常在菌の中でも「表皮ブドウ球菌」が私たちを美肌へ導いてくれる「美肌菌」と言われています。表皮ブドウ球菌は、保湿成分となる「グリセリン」に似た成分を生み出し、自然と肌の潤いを保ってくれると期待されています。

◆悪い外的を撃退!肌フローラを守る
皮膚常在菌の中には、腸内にいる「悪玉菌」のように、肌に悪い作用をする「肌の悪玉菌」がいるとか。表皮ブドウ球菌は別名「肌の善玉菌」と呼ばれており、肌の悪玉菌が増えるのを抑え、「肌フローラ」のバランスを整えてくれていると言われています。

皮膚常在菌の「美肌菌」を減らす原因と育て方1 <洗顔>

◆美肌を生む肌フローラとは?
善玉菌の活動が弱まり悪玉菌が増えすぎると、肌荒れや肌の乾燥、ニキビ悪化など肌トラブルの引き金になるとされています。

ただし、悪玉菌すべてをなくせば良いかというと、そうではありません。それら「肌フローラ」のバランスが保たれることで、外から来る多種多様な病原菌などの攻撃や侵入を防いでいるとされているからです。美肌を作る「肌フローラ」とは、肌の善玉菌である「表皮ブドウ球菌」が優位な状態を作り、それを維持することと言われています。

そんな大切な美肌菌を減らしてしまう一番の原因とされているのは「洗顔料による洗顔」です。洗顔料による洗顔は、汚れやアカだけでなく、皮脂や美肌菌自体も洗い流してしまうことがあるそうです。

肌の善玉菌は「弱酸性」の肌を好みます。皮脂は、善玉菌が酸を生み出し、肌を弱酸性に保つための原材料となっているので、洗顔で皮脂が減りすぎてしまうと、肌を弱酸性に保てなくなり、悪玉菌が好む「アルカリ性」の肌へと傾いてしまうことがあると言われています。

◆美肌菌を育てるには?
洗顔料による洗顔は、1日1回を基本とするのが良いとされています。それは、洗顔料で流された善玉菌が、元に戻るまで12時間はかかると考えられています。38度前後のぬるま湯でフェイスラインも忘れずにしっかり洗い、すすぐことができれば、朝はぬるま湯だけでも、汚れはきちんと落ちるとのことです(※)。

夜は通常の洗顔料などによる洗顔でOK。ただし、あまり強すぎる化粧落とし(クレンジング剤)は、洗いすぎの原因になるおそれがあるので、ポイントメイク落としなどをうまく活用して基本的にはマイルドな洗顔を心がけましょう。

※ニキビがある方や油っぽい方は、その部分だけをマイルドな洗顔料で洗ってもOK。その際は他の部分に洗顔料がかからないよう素早く洗い流すのがコツです。またすでに肌の良い状態を保てている方は、その方法がベストな場合もあるので、様子を見ながら調整しましょう。

皮膚常在菌の美肌菌を減らす原因と育て方2 <化粧品>

洗顔後に通常の化粧水などによるケアはOKです。ただし、その中に入っていることが多い「防腐剤」は、皮膚常在菌を死滅させる原因にもなりやすいので、なるべくなら避けた方がいいでしょう。

◆美肌菌を育てるには?
1. 防腐剤無添加の化粧品を選び、美肌菌を守りましょう。
2. 今現在、肌荒れなどの肌トラブルに悩んでいる人は、肌フローラの乱れによるものかもしれません。その場合、3日間の「肌断食」で改善するケースもあると言われています。
3. 菌を育てる化粧品や菌を整えるボディソープなども市販され始めました。自分に合うものを選びましょう。
4. 美肌菌ドック・美肌菌バンクなるものも登場。自分の肌フローラがどういった状態かを調べ、その際に採取した自分の善玉菌を培養し、それを自分だけの化粧品として配合してくれるそうです。

この他にも、運動不足が続くと、自分の「汗」が悪玉菌の好む「アルカリ性のねばねばした汗」になってしまうことがあるそうです。運動を継続することで「サラサラ汗」に変わっていくそうなので、適度な運動と合わせながら、自分にあった美肌菌の育て方で潤ツヤ肌になりましょう!
関連キーワード

関連記事