【HAKUという美白史に残る傑作デビュー】韓国コスメ、シートマスク、オーガニックコスメブーム……ヒットコスメの歴史

【HAKUという美白史に残る傑作デビュー】韓国コスメ、シートマスク、オーガニックコスメブーム……ヒットコスメの歴史

VOCEのベストコスメは世の化粧品の流れを作ってきた。そのヒストリーを紐解きました。05年~10年は、韓国コスメブームやシートマスクの大漁期、そして、オーガニックコスメの台頭が目覚ましい時代。VOCEのベストコスメはすべてのコスメのブームをいち早く目を付けてきました。

◆2005年 上半期

美白マスク氾濫の中、票が集中

SK-Ⅱ ホワイトニング ソース インテンシブ マスク
美容界の重鎮がこぞって高得点をつけた逸品。美白マスク豊作年、どれを買うか迷う読者にとって「1回で白さが際立つ」「その場の白さを競う時代の象徴」といった快速美白を予感させる審査員の声は、強い後押しとなった。

◆2005年 上半期

美白史に残るヒット作デビュー

資生堂 HAKU メラノフォーカス
最新理論を備えた大型美白コスメが続々と登場する中、美白決戦を制したのがHAKU。紫外線を浴びずともできるシミや、一度は薄くなったのに濃くなる“再発ジミ”に対応する一歩踏み込んだ理論に審査員から拍手喝采!

2005年頃 韓国コスメブーム

◆2006年 下半期

クリームバブル時代の到来!

シャネル サブリマージュ クリーム
高額、高機能、高効果という“3高クリーム”大漁年。「1週間でマリオネットラインが消える」「たるみが消えて小顔に」というシャネルを讃える声に読者の財布の紐が緩んだ。3万超えながらごほうび買いが多数発生。

2007年頃 シートマスクブーム

◆2007年 上半期

陰影メイクブームの火付け役に

ルナソル スキンモデリングアイズ
数多あるアイシャドウを制し、大差で1位を獲得した01番。日本人の肌に溶け込み、陰影になりすます賢い色揃えに満点をつけた審査員が多出。その受賞のキャリアは色褪せず、10年経った今も売れ続ける人気色。

2009年頃 オーガニックコスメブーム

◆2009年 下半期

マツエク超えのパノラマまつげ

RMK エクストラディープ Wマスカラ
革新的な形状のブラシが叶えたのは、最大限の広がりと濃密な発色、カールと長さ。自分史上最高の美しいまつげへと変身するクチュール力に“昇天マスカラ”との異名も。マツエク勢力に歯止めをかけて、マスカラ人気再燃の一因になった。

◆2009年 下半期

洗顔後すぐ使う“若返り水”に熱狂

ランコム ジェニフィック
“若い肌特有のタンパク質を増やす”という最新研究の結晶。「アプローチの精密性は、次世代スキンケアの幕開けを予感」と技術革新力を絶賛する声が目立った。驚天動地の売れ行きとなり、リニューアル版は現在も大人気。

≪'05以前の歴史はこちら!≫
【創刊号は松田聖子が表紙!!】'98~'04第一次美白ブームにコンサバモテメイク、盛りマスカラブーム

今期も発表!2017年上半期のベストコスメはここからチェック!

http://i-voce.jp/cosme/bestcosme/2017ss.html

取材・文/金子優子

関連キーワード

関連記事