実は間違っている!? 健康のための正しい夏の水分補給のやり方!

実は間違っている!? 健康のための正しい夏の水分補給のやり方!

ジメジメとした日が続いていますが、気温の高い日はたくさんの水分補給が必要になります。でも実は、この水分補給の方法を間違えると、かえって体に負担をかけてしまうことがあるのです。健康のための正しい水分補給は、どのようにすれば良いのでしょうか?

健康のために!水分補給に適した飲み物は?

みなさんは、普段どのように水分補給をしていますか?一気にグビグビ飲む人は胃に負担をかけやすく、ジュースばかり飲んでいる人は血糖値が上がりやすく、夏バテになりやすいと言われています。

ビールなどのアルコールは利尿作用があるため、当然水分補給には適していません。

水分補給に一番適している飲み物は「水」と考えられています。水道水やミネラルウォーターには、糖分や塩分などが含まれていないので、水分補給に最適とされています。

夏場は冷たい緑茶を飲む人も多いと思いますが、緑茶にはカフェインが含まれているため利尿作用があり、摂取した水分を排出しやすくするため、カフェインの含まれていない麦茶などがおすすめです。

日常の水分補給のタイミングは?

喉が渇いたと感じたときには、既に体内の水分が失われていることが多いです。そのため、水分補給のタイミングはこうした状態になる前に、こまめに少しずつ飲むことが大切なのです。

また、キンキンに冷やした飲み物は胃に負担がかかるため、5~15度くらいの飲み物が良いでしょう。

大量に汗をかいたときの水分補給は?

運動やスポーツなどで大量に汗をかいたときは、水を飲んでいても水分不足になることがあると言われています。

これは、汗をかいた時に水分と同時に塩分も失うので、水だけ飲んだ場合に体内の塩分濃度が薄くなり、今度は塩分バランスを保つために水分が排出されてしまうためです。

こうした大量に汗をかいたときは、塩分も補給しなければならないので、スポーツドリンクなどが適しているでしょう。ただし、スポーツドリンクには糖分も含まれているので、カロリーの摂りすぎには注意しましょう。

夏の水分補給は、汗の量にも注意して、そのときに適した水分を摂るように心がけましょう。
関連キーワード

関連記事