あなたのは大丈夫?紫外線をしっかり防ぐ「日傘」選びのポイント

あなたのは大丈夫?紫外線をしっかり防ぐ「日傘」選びのポイント

日差しが強くなってくると大活躍な「日傘」。愛用ているという方も多いですよね。しかし、どの日傘を選ぶかで、効果が変わってくるということをご存知でしたか?紫外線をしっかり防いでくれる「日傘」の選び方についてご紹介します!

「日傘」の特徴によって、紫外線カットの効果が異なる?! 

梅雨が明けると、本格的に紫外線が強くなってきます。日焼け対策アイテムの一つである「日傘」を愛用しているという女性も多いですよね。

みなさんは、どのように「日傘」を選んでいますか?デザインや色など、様々な基準で選んでいると思いますが、日傘ならどれも同じというわけではないんですよ!

せっかく日傘を使うのであれば、しっかりと紫外線を予防したいですよね。どのような特徴を持つものが、紫外線を防ぐ上で効果が高いのか、日傘選びのポイントをお伝えします。

しっかり紫外線をカット!「日傘」選びのポイントとは?

◎色は?
UVカット加工がされているものであれば、基本的に色は関係ないと言われています。しかし、「黒」に近い色の方が、紫外線を吸収しやすいので、UVカット率が低い場合については、黒に近い色を選ぶ方が良いでしょう。
また、肝心になるのが、「日傘の内側」です。紫外線は、アスファルトに反射するので、下からの紫外線にも注意が必要です。日傘の中が白に近い色だと、紫外線を反射する為、傘の内側で紫外線を浴びてしまうことも。傘の内側は、黒色に近いものを選ぶのがオススメです!

◎素材は?
最も紫外線予防の効果が高いとされているのが、「ポリエステル」などの化学繊維で、次いで「麻」「綿」です。また、生地が「厚手」になるほど、より遮光率が高いとされています。レースがついているものは、隙間から紫外線を通してしまうことがあるので注意が必要です。

◎晴雨兼用でも大丈夫?
晴雨兼用の「日傘」でも問題はありませんが、長時間の雨風には耐えられないものも。また、雨でコーティング剤が弱くなることもあるので、UVカット効果も薄れてしまう可能性があります。

◎寿命はある?
UVカット加工の寿命は、2~3年ほどと言われているので、定期的な買い換えをおすすめします。何年も同じ日傘を使っているという方は、注意しましょう。

◎効果的な日傘の差し方は?
出来るだけ身体に近づけることを意識しましょう。肌に近い程、UVカット効果が期待出来ます。


間違った「日傘」選びは、より紫外線を浴びてしまう可能性もあります。最近では、様々な種類のものが販売されていますので、日傘選びのポイントを押さえつつ、気に入った日傘を見つけてみましょう!
関連キーワード

関連記事