お悩み別!美容家電を使って毎日のスキンケアの効果をアップしよう

お悩み別!美容家電を使って毎日のスキンケアの効果をアップしよう

スキンケアはついついマンネリ化してしまい、何年も同じ化粧水やお手入れ方法で過ごしてしまいがち。しかし、年齢を重ねるにつれて肌の様子や悩みも変化してくるはずです。そんなときに、プラスしたいのが美容家電。自分の悩みにあった家電を選んでみましょう。

そもそも美容家電とは?

美容家電とは一般的に肌の手入れなど、顔や髪、全身の美容のために使用する家電製品のことを言います。電気シェーバーや美顔器、脱毛機器など身近なものから、イオン導入やスチーマーなど様々なアイテムが販売されており、短時間で効率よくお手入れをできるというメリットがあります。

美容家電には5つのタイプがあり、家庭でも人気の高い超音波タイプ、イオン導入タイプ、ローラータイプ、スチーマータイプ、ミストタイプに大きく分かれます。普段のお手入れでは使用できない機能が付いているため、ハンドケアでは届かない部分にまで効果を期待できます。それぞれ肌の悩みや、使用するシチュエーションによっても最適な美容家電は人によって違うため、使用したい目的や場所、時間を考慮した上で選ぶことが大切です。

一般的には、家電量販店の美容コーナーで購入することができ、近頃ではネット通販などでも手に入るようになりました。価格帯も、イオンタイプのものでも8000円〜2500円、スチーマータイプでは20000円台で購入できます。一見高いと思われがちですが、毎日使用することや長く使うこと、そしてお手入れの質を向上させることを考えるとお得なのではないでしょうか。逆に価格が安すぎるものは、すぐに壊れてしまったり、パワーの衰えが早かったりと長期的に使用することができない可能性があるため、初期投資と考えて選ぶことをお勧めします。

美容家電は毎日のスキンケアに必要?

毎日しっかりとスキンケアはしているのに、なぜか最近肌の調子が悪いと言った悩みをかかえている方は、お手入れの仕方に問題があるのかも知れません。年齢とともに、肌は変化し、皮脂分泌量や化粧水の導入率も変わってきます。今までどおりのハンドケアによるお手入れでは、化粧水や美容液が染み込まない、またはしっかりと定着しないと言った問題が出てきます。肌体力が落ちた肌には、今までと同じお手入れでは足りないのです。

そんな悩みの解決を助けると言われる美容家電のメリットは、自分ではできないテクニックをカバーしてくれることです。たとえば、イオン導入や超音波などはハンドケアでは届かない部分のお手入れができ、エステ並みの手入れを自宅で行うことが可能です。また、いつもの化粧品を使用する前に美容家電で肌を整えることで、日常的なケアの効果を上げることも期待できます。自宅でできるものばかりなので、好きな時間に行うことができ自分のペースでケアをすることができるのです。

毎日の朝、晩のスキンケアで導入するのは無理!という方でも、夜だけしっかりと美容家電でお手入れをすることも大事。続けるコツとしては、お風呂上がりの代謝が上がっている時や、毛穴が開いて、清潔な状態の時にいつものスキンケアの前に行うのがポイントです。逆にセルフケアで肌に負担をかけてしまうよりも、機能のしっかりした美容家電を日頃のケアに追加するだけで、あとはシンプルにケアすることがお勧めです。毎日続けることで、肌も変化し、化粧ノリも良くなると言われています。

美容家電を選ぶ際のポイント

「家電」という名前がつくとついつい大きな買い物だと気が引けてしまう方も多いかもしれませんが、美容家電はお手頃なものからしっかりと時間をかけてお手入れができるものまで様々。選ぶ際のポイントを紹介します。

まずは、美容家電を使うメリットを改めて考えた時に、自分では手の届かない部分のお手入れができるということが一番のメリットなのではないでしょうか。また、いつものお手入れにプラスすることで、化粧ノリが良くなったり、肌本来の力を呼び覚ますことが期待できます。逆にデメリットとなるのが継続的にかかる「コスト」。美容家電によっては、導入剤や専用の化粧品などが必要になる場合もあるため、購入後も継続的に費用がかかるものもあります。

購入する際の目安としては、お手頃だからといってあまりにも安すぎるものを購入することはお勧めできません。安価なものは耐久性に優れておらず、購入して数回使用しただけですぐに壊れてしまうなど、結果的にみると費用もかさんでしまう場合があります。壊れにくかったり、継続的なパワーを望むのであれば、最初の費用はしっかりとかけることが大事です。

美容家電の効果は、続けることで現れてくるものがほとんどです。使用を開始してすぐに肌に変化が見られる場合もありますが、最低1ヶ月間は様子を見ることが大事です。途中で効果が見られないからといって使用をやめてしまったり、お手入れを継続的に行わなくなってしまうと購入した意味がありません。そこで、購入する際にも継続的に使用できるか、または継続的に使用できるくらい簡単な使用ステップかを確認しておくことが大事です。使用するのにステップが多いと、不便になってしまい途中で辞めてしまうことが多いため、購入時にはそこもチェックすると良いでしょう。

お悩み別で選ぶ美容家電—シワ・シミー

美容家電は、タイプによって肌に現れる影響が変わるため、改善したい悩みによって使い分けるのがお勧めです。

年齢を重ねていくと増えてしまうシワやシミは、もう年だからと諦めてしまいがち。長年の紫外線が肌に蓄積し、深層部分にできてしまったシミはハンドケアではなかなかケアすることが難しいと言われています。また、シワも年齢によって肌の水分量が減少し保湿を日に何度もしても夕方には目立ってしまうなど、年齢によって悩みは増していきます。放っておくとどんどんと濃く、深くなっていくシミやシワは、毎日のケアの仕方を変えるだけで目立たなくすることができると言われています。

そんな悩みを持っている方にお勧めなのが、超音波タイプの美容家電。超音波による微細な振動が血流やリンパの流れを促進し、肌の新陳代謝を促進。それにより、細胞と細胞の間に隙間が作られ、そこから効率的に美容液や専用ジェルを浸透させることができると言われています。ハンドケアでは届かなかった深い部分まで保湿することができ、肌の内側からハリを取り戻す効果を期待できます。

比較的すぐに肌への効果は見られるため、毎日のお手入れにも取り入れやすいです。肌のハリやシミが目立たなくなることで、化粧ノリもよくなるのではないでしょうか。使用する際は導入剤が必要なため、継続的な費用がかかるのが唯一のデメリットだと言えます。しかし、シミ用のクリームや美容液などを別で購入するよりもずっとお得で、お手軽なケアだと捉えることもできます。年齢による肌の悩みを持っている人には是非使っていただきたい美容家電です。

お悩み別で選ぶ美容家電-乾燥・毛穴ー

次に、乾燥肌や毛穴の汚れが気になるという悩みです。毛穴の汚れは、毛穴から出る皮脂(油分)と古い角質(タンパク質)が混ざり合ってできる「角栓」によるものです。原因は様々ですが、皮脂が過剰に分泌されるオイリー肌の人や油っぽい食事を好む人、化粧をしっかりと落としきれていないことにより毛穴の詰まりとなってしまうことが原因だと言われています。さらに、日頃乾燥肌で悩んでいる人も、食事や生活習慣、間違ったスキンケアにより肌の保湿力が低下し、肌が乾燥することで皮脂分泌が増加、先に出たような毛穴の汚れにつながることもあるのです。

そんな乾燥肌、毛穴汚れにお勧めしたいのがスチーマータイプの美容家電。自宅に設置して、温かな蒸気を肌にあてることで毛穴を開き、汚れを落としやすくしてくれます。また、肌がやわらかくなるので、化粧水や美容液の浸透率が上がり、よりいつもの化粧品の効果の高まりを期待できます。しっかりと洗顔をした後に使用し、クレンジングや洗顔では取りきれなかった毛穴汚れを落とすことができ、スチーマーをあてることで乾燥している肌の深くにしっかりと浸透。肌の保湿力をたかめ、肌のくすみなどの改善にも効果を期待できます。

スチーマータイプの特徴として、毛穴の汚れが落ちやすくなるため化粧水が浸透しやすく、いつも使っている化粧品やいつものお手入れの効果を助けてくれる役割があります。逆に毛穴が開きやすいので、使用後は毛穴の引き締めがマスト。そのまま放置することなく、しっかりと保湿をして蓋をすることが大事です。お手入れにかける時間が少し長いため、夜のリラックスタイムや週末にゆっくりとお手入れするなどをお勧めします。

お悩み別で選ぶ美容家電-たるみ・むくみー

女性にとっての悩みとなるのが年々深くなるほうれい線やシワ。肌の乾燥だけでなく顔のたるみが原因でおこる症状でもあります。さらに、顔のむくみも昔はそんなに起こらなかったと言う方も多いのではないでしょうか。紫外線を浴び続けた肌や、乱れた生活習慣によって衰えた肌弾力の低下によってたるみは引き起こされます。さらに、表情筋の衰えなどから顔がたるんでしまったり、むくみが起こることも考えられます。

そんな時にお勧めな美容家電はローラータイプのものです。家電量販店でも手ごろに購入できるローラータイプは肌の気になる部分にローラーをあて、コロコロと転がすことで血行促進と表情筋トレーニングを行えます。フェイスラインの引き締めやシワ、ほうれい線ケアがいつでも手軽にでき、テレビを見ながらやベッドで寝る前に横になりながらなど、ちょっとした隙間時間に肌をケアすることができます。時間がないという人や、続けられるか心配という初心者の人に最適です。

ローラータイプでは、お手入れの時間を長く割く必要はなく、手ごろにできるところが魅力です。また、専用の美容液や導入剤などは不要なためランニングコストもかからず経済的です。形状も軽量なため、バッグに入れて持ち運べたり、移動の際や外出先で使用できるのも嬉しいポイントです。コロコロと肌の上を転がすだけのため、ついつい力が入ってしまいますが、あまり強くやりすぎると肌を痛めてしまい逆効果になるため、そこは気をつけたいところです。

美容家電でのお手入れの際に注意すべき点

肌本来の力を助けてくれる美容家電ですが、使用する際により効果を上げられるようなポイントがいくつかあります。まずは、肌を清潔にしてから使用すること。化粧をしたままや、洗顔をしないまま使用すると、毛穴に残った汚れや肌の皮脂などが邪魔をしてお手入れの効果を下げてしまいます。また、美容家電に汚れが付着することで次回使用する際に肌へまた汚れがついてしまう悪循環が懸念されます。そうならないためにも、使用前にはしっかりとクレンジング、洗顔をすることをお勧めします。

次に、使用後の注意としては、お手入れ後はしっかりとアフターケアをすることです。美容家電によっても異なりますが、基本的には保湿が一番大事。お手入れ後の肌は柔らかくなっていたり、毛穴が開いていたりと無防備な状態です。そこで、しっかりと化粧水や保湿クリームなどで蓋をすることで、せっかくの効果を半減させずにすみます。美容家電で状態の良くなった肌をケアすることで、その状態を継続的に保つことができると言われています。

さらに注意したいことは、使用頻度。お手入れをして効果が見えてくると喜びがあるためついつい使いすぎてしまったりするかも知れません。しかし過度なお手入れや使いすぎは、逆に肌にストレスを与えてしまい、ダメージになってしまう恐れもあります。適度な回数や時間を意識しながら使用するのが良いでしょう。1日のうち、朝早めに起きてお手入れをする、または就寝前にゆっくりとお手入れをするなど時間を決めて行うことが大切です。

また、美容家電そのものもお手入れをこまめにすることが大事です。たとえば、スチーマータイプであれば、使用後は必ず水を捨て、乾かし、内部に水分が残らないようにしましょう。肌に直接触れる、超音波タイプやローラータイプは使用する前と後に肌に触れる部分をふき取るようにするのがポイント。汚れたまま使用してしまうと、お手入れの効果が低下する恐れや、肌へ直接触れるものに関しては肌荒れなどを引き起こす可能性もあります。また、美容家電を収納する場所も清潔にしておくことでいつでも綺麗な状態に保つことができます。

美容家電を使うときに何よりも大事なのは習慣化すること

今回紹介をした家電はどれも、日々のお手入れを楽に、そして効果のアップを期待できるものばかり。年齢や生活習慣によって衰えてしまった肌の力を、再び呼び戻すためのものでもあります。ただし、美容家電は「習慣化」して初めて効果が表れるもの。お手入れをサボってしまったり、使い方を間違えてしまうとその効果も台無しです。日頃からケアを続けられるような仕組みをしっかりと作り、使用する際にはスムーズに使えるところに置いておくなど工夫をすることが大事です。しっかりと毎日のスキンケアに組み込むことを習慣化して、日々のスキンケアで美肌への道へ近づきましょう。

関連記事