【簡単レシピ付き】NY発の「ベジヨーグルト」で手軽に腸活♡

【簡単レシピ付き】NY発の「ベジヨーグルト」で手軽に腸活♡

ニューヨーク発祥の「ベジヨーグルト」が、今ヘルシー女子の間で話題になっているのをご存知ですか? 野菜×ヨーグルトという異色のコラボを果たした「ベジヨー...

ニューヨーク発祥の「ベジヨーグルト」が、今ヘルシー女子の間で話題になっているのをご存知ですか? 野菜×ヨーグルトという異色のコラボを果たした「ベジヨーグルト」。今回は、ベジヨーグルトの魅力をご紹介します♪

野菜不足も補えて、腸活も♡ ベジヨーグルトって何?

ヨーグルトにプラスするものと言えば、フルーツやジャムなどと組み合わせた「甘い」イメージが強いもの。しかし、海外では古くから料理の隠し味として使用されることも多く、最近では日本でもドレッシングやカレー、お肉の下味として活躍することも増えています。

そんななか登場したのが「ベジヨーグルト」。ピュレ状にした野菜をヨーグルトの種菌に混ぜこみ発酵させたベジヨーグルトは、食物繊維や乳酸菌などで腸内環境を整えてくれるため、便秘解消に美肌など、美容やダイエットに効果的と言われています♪

朝食や小腹が空いた時に◎!

ベジヨーグルトだけで野菜の栄養を丸ごと取り入れられるので、忙しい朝の栄養補給にぴったり。野菜の食物繊維は腹持ちが良いため、小腹が空いた時の間食としても活躍してくれます。 また、コールドプレスジュースやスムージーと違い、ベジヨーグルトは加熱してもOKなので、クーラーなどで身体が冷えている時には、温めて飲めるのも嬉しいポイントです。

お家で簡単♪ お手軽レシピをマスターしよう♪

日本ではまだまだ購入できる場所が限られているベジヨーグルト。そこで今回は、ベジヨーグルトを簡単に楽しめるレシピをご紹介します♪

1.ヨーグルト×夏野菜トッピング

まずおすすめしたいのは、ヨーグルトにトマトやキュウリ、オクラやトウモロコシなど、生のまま食べられる優秀な夏野菜をトッピングする簡単レシピです。

1. お好みの夏野菜を粗めのみじん切りにしてヨーグルトにのせる。
2. 黒胡椒とオリーブオイルを回しかければ完成!

おもてなし料理の前菜としても大活躍。黒胡椒を加えることでヨーグルトの酸味やコクが増し、スープ感覚で楽しめます♪

2.ヨーグルト×根菜ピュレ

ちょっぴり本格的なベジヨーグルトに挑戦するなら、サツマイモやカボチャ、ニンジンなどの根菜類を使ってみましょう♪ 根菜類はピュレ状にして塩を加えると、野菜本来の甘さを存分に引き出すことができますよ。

1. お好みの根菜の皮をむき、ひと口サイズにカットしてから耐熱皿に乗せ、ふんわりラップをかけて600Wのレンジで5〜6分加熱する。
2. 根菜が柔らかくなったら塩をひとつまみ加えて、ミキサーやブレンダーにかけて撹拌しピュレ状にする。
3. ヨーグルトに混ぜ、ひと晩冷蔵庫で寝かせれば完成!

お好みでバジルやパセリなどの粉末ハーブをプラスしてもおいしいですよ。

野菜×ヨーグルトの組み合わせなんてとっても斬新ですよね。甘いだけのヨーグルトはもう卒業! この夏はオシャレなベジヨーグルトで、大人の味わいを口にしてみませんか?

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

関連キーワード

関連記事