見過ごさないで!春のスランプ「五月病」が怖いワケ

見過ごさないで!春のスランプ「五月病」が怖いワケ

新学期が始まり、少し精神的に疲れてきてしまった人はいませんか?五月病や六月病と呼ばれる心の不調に陥らないよう、その原因と対策をご紹介します。

鬱々したり、無気力になったり。心身に様々な変化を及ぼす五月病

ゴールデンウィークが過ぎると聞こえ始めるのが「五月病」という言葉。新学期から張りつめていた心の糸がプツンと途切れてしまい、無気力になってしまう状態をさしますが、最近ではそれが6月に表れることから「六月病」と呼ばれることも。いずれにせよ、時期を問わず誰にでも起きる症状でもあります。そもそも「五月病」とはどんな症状なのでしょうか?

【五月病の症状】

五月病は、鬱々とした気持ちや不安などによって、以下のような症状を引き起こします。

<心理面>
・不安や焦り、落ち込み
・精神的なイライラ
・無気力
・面倒くさがり
・無感動

<体調面>
・集中力の低下や物忘れの激しさ
・起きれない、もしくは不眠
・原因不明の胃腸系の痛みや吐き気、下痢や便秘
・原因不明の頭痛や肩こり
・立ちくらみやめまい
・食欲不振

五月病を防ぐ第一歩は、体の防衛本能「無気力感」を見逃さないこと

そしてこのような症状を引き起こしてしまう経緯には、次のようなものが挙げられます。

【五月病の原因】

「五月病」を発症してしまう主な原因としては、4月に新学期や就職などで新たなスタートを切り、早く新しい環境に慣れようと一生懸命になるがあまり、無意識に疲れやストレスをため込んでしまう為と言われています。
特に6月になると湿度も高まり、自律神経にも余り良い環境ではない中、更に頑張ってしまい、身も心もばててしまうことに。こういった適応障害を「五月病」と呼んでいるのです。

そして、このように心底ばてて無気力になると、無意識のうちに、体が「もう二度と失望を味わいたくない」と思い、防衛本能を発動させます。その為、新しいことを始めようとしても、脳に「どうせやってもダメだ」といった思い込みをさせ、始めから無気力になり、挑戦することをさけて失望を回避するようになってしまうのです。
そういった悪循環を繰り返すうちに、鬱などの病気につながってしまうのが、五月病の怖いところです。

幸福ホルモン「セロトニン」を味方に、五月病の悪化を防ぎましょう

では、このような状態に陥らない為には、常日頃からどのようなことに気をつけていればよいのでしょうか?

【五月病にならない為に、出来ること】

良質な食事と睡眠、特に朝起きた時に太陽の光をあびる。
良質な食事と睡眠、特に朝起きた時に太陽の光をあびる。
「睡眠ホルモン」とも呼ばれる脳内ホルモンである「メラトニン」は、21時あたりから分泌され、夜中2時位にそのピークを迎えます。このメラトニンの作用で人は眠くなるのですが、その「メラトニン」の原材料が「幸せホルモン」と呼ばれる脳内ホルモン「セロトニン」。

「セロトニン」は、主に動物性たんぱく質に多く含まれる「トリプトファン」と「ビタミンB6」、「鉄分」を摂取することで生成される為、牛レバーや豚ロース、かつおやイワシなどを、ごまや納豆などの豆類と一緒に食べるとよいと言われています。
一方で「セロトニン」は、2500ルクス以上の光、すなわち太陽の光を浴びることでも脳内から分泌されます。

つまり、朝、太陽の光を浴びてセロトニンを分泌させ、食事で、豚ロースやいわし、お豆腐などを摂ると、メラトニンが十分に分泌されて眠くなるーそんな風に覚えておくと、良質な睡眠と食生活につながりそうです。
友人・同僚と食事をとる。
友人・同僚と食事をとる。
一人で食事をする「弧食」と鬱病の相関関係の高さも、近年では指摘に挙がっているとのこと。他者との食事は、栄養補給だけでなく、ストレスの解放・発散にもつながります。焦りや不安を分かち合うことだけでも、ストレスの溜まり方も異なりますので、なるべく「みんなで食べる」ことを意識しましょう。
体を動かす。
体を動かす。
前述の「幸せホルモン・セロトニン」は、リズム運動によって分泌が高まることが知られています。真面目な人ほど仕事に没頭しがちかもしれませんが、意識してウォーキングやジョギングなどを取り入れるとよいでしょう。

こういった対策をしてもどうしてもつらい時は、無理をせず、お医者さんに相談してみましょう。いきなり心療内科というのも敷居が高いと思われるので、内科にかかるのが一番です。くれぐれも、一人で溜め込まないようにしてください。

関連記事