<夜祭り・浴衣スタイル向け!>キラキラ輝く光メイクのやり方

<夜祭り・浴衣スタイル向け!>キラキラ輝く光メイクのやり方

浴衣を着て出かけるほの暗い夜祭りにはベースメイクをはじめ、目元にもキラキラと輝く光メイクがぴったり!近くで彼に見つめられても違和感なく、遠くから見ても存在感あるモテ度抜群の光メイクのやり方についてレクチャーします。

キラキラ輝く光メイクのやり方<ベースメイク編>

せっかくのゆかた姿も汗や皮脂によりメイクが崩れてしまっては台無しです。そこで、崩れにくいベースメイクのコツについてご紹介します。

<キラキラ輝く光メイクのやり方/ベースメイク編>
1.スプレータイプの化粧水を顔全体に吹きかけ、ティッシュオフします(特に鼻周りは入念にティッシュオフしておくと崩れにくいです)。
2.ピンクベージュ系の化粧下地を塗っていきます。ムラにならないよう、スポンジを使って伸ばしていきましょう。
3.肌にしっかりフィットしやすいクッションタイプのファンデーションを肌全体に馴染ませていきます。
4.リキッドタイプのコンシーラーをクマやニキビなど気になる部分にのせて、指でぽんぽんと馴染ませます(仕上げにスポンジで軽く押さえてあげると尚良いです)。
5.ルースパウダーを筆ブラシにとり、内側から外側に向かって顔全体に塗っていきます。鼻周りはクルクル回すようにして塗っていきましょう。
6.仕上げにハイライトを目の下の三角ゾーンにひとはけ塗ってベースメイクの完成です。

ハイライトでメリハリを効かせることで夜でもきちんと立体感を演出しやすくなります!ほんのひと塗りするだけで肌の透明度も同時に引き上がるおすすめのテクニックの一つです。

キラキラ輝く光メイクのやり方<チーク・アイブロウ編>

続いて、チーク・アイブロウのやり方をご紹介します。チークの色味はポッと湯上りのようなかわいらしいほっぺに仕上がりやすいピンク系(クリームタイプ)のアイテムを使用することをおすすめします。

<キラキラ輝く光メイクのやり方/チーク・アイブロウ編>
1.クリームタイプのチークを頰にふんわりとのせていきます。この際、一旦手の甲にのせて指にとっていくとダイレクトにつき過ぎず、よりナチュナルな仕上がりになりやすいです。
2.眉毛の隙間部分に入れ込むようにしてスポンジでスッと油分を取り除きます。
3.ペンシルよりも比較的持ちの良いリキッドタイプのアイブロウで眉尻部分を整えていきます。
4.眉頭から眉尻に向かってブラウン系パウダーをのせてぼかしていきます。眉頭はさっとのせる程度にしましょう。
5.仕上げに眉全体にルースパウダーをのせてカバーすることでより崩れにくくなります。

ベースメイクと同様、アイブロウ部分も夏場特に崩れやすいパーツの一つ!こちらのテクニックは、浴衣を着用する時以外にも、もちろん応用できますので、是非普段メイクの際も参考にしてみてくださいね。

キラキラ輝く光メイクのやり方<アイメイク・リップ編>

アイメイクは黒系のアイライナーではなく、ブラウン系のものを使用することで優しげな目元に!涼しげなブルーをさして普段と違う一面を見せちゃいましょう。

<キラキラ輝く光メイクのやり方/アイメイク・リップ編>
1.淡いブルー系のパールシャドウをアイホール全体にのせていきます。ブルー系のアイシャドウを使用することでまぶたのくすみを抑え、ワントーン明るい目元を演出しやすくなります。
2.ブラウン系のリキッドアイライナーを上まぶたのキワに引き、上からブラウンのアイシャドウでぼかします。
3.下まぶたの目尻寄り1/3にブルーのシャドウをのせます。
4.濃いめのローズピンクの口紅を指で唇に叩き込み、上からグロスを重ねてジューシーに仕上げていきます。


夜祭り〜花火デートに最適な光メイクのやり方についてご紹介しました!ハイライトや目元にパールを仕込んであげることで、ほの暗いシチュエーションでも光を集める女優顔を演出しやすくなりますよ。今年の夏は、光メイクにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

関連記事