海外セレブやモデルも愛用! 『チアシード』で楽々ダイエット

海外セレブやモデルも愛用! 『チアシード』で楽々ダイエット

健康、ダイエットなどで注目をあつめる『チアシード』。
海外ではスーパーフードとして人気です。チアシードとは何なのか、どんな効果があるのか、解説していきましょう。

『チアシード』とは?

チアシードとは、主にメキシコなどの中南米で栽培されるシソ科サルビア属ミントのバジルシードの一種。マヤ民族やアステカ民族の時代から主要な栄養源の1つとして栽培されており、チアシードと水さえあればOKと言われるほど栄養価に富んだスーパーフードです。
食物繊維、たんぱく質、ミネラル(カルシウム、カリウム、鉄、亜鉛など)、ビタミンB、オメガ3脂肪酸(αリノレン酸)などを豊富に含んでいます。
オメガ3脂肪酸はサーモンの8倍、カルシウムは牛乳の6倍、鉄分はほうれん草の3倍、マグネシウムはブロッコリーの15倍、たんぱく質はキドニー豆の6倍とも言われています。
オメガ3脂肪酸は、現代人に不足しがちな体内で作る事のできない必須脂肪酸ですが、わずか大さじ1強で1日分の摂取量をクリアできる、自然界ではトップクラスの含有量です。

チアシードの特徴とダイエット効果

チアシードは、水分を含むとゼリー状の物質が約10倍にも膨らみます。ゼリー状の成分は、こんにゃくにも含まれる人間が消化できない食物繊維であるグルコマンナン。水分を含むと膨張するので、少量でも満腹感が得られ、ダイエットに効果的です。食物繊維も豊富なので、デトックス効果、便秘解消にも効果的です。
チアシードに多く含まれるオメガ3脂肪酸には、脂肪燃焼促進効果、高血圧予防、老化防止に効果があります。また、お肌をみずみずしく保つ効果、老化の元になる活性酸素を除去してくれるので、美肌効果も期待できます。
チアシード

チアシードの効果的な食べ方

スムージーやヨーグルトに混ぜて満腹感をえるのも大切ですが、チアシードのその高い水溶性食物繊維の効果を最大限に生かすためになるべく普段の水分摂取量を増やしましょう。
できれば昼2時頃までに最低1ℓは飲んでおきたいですね。

関連記事