活性水素は嘘?アンチエイジングに役立つ「水素水」の現状とは?

活性水素は嘘?アンチエイジングに役立つ「水素水」の現状とは?

アンチエイジングに効くという水素水。しかし「ニセ水素水」も出回っているだとか。そこで、水素水の効果とその現状について、ご紹介します。

細胞の老化を招く「活性酸素」を消去する「水素」

「水素水」の様々なアンチエイジング効果が、取り沙汰されています。きっかけは2007年に、日本の研究チームの論文が、アメリカの医学雑誌『Nature Medicine』に取り上げられたこと。その後、医療現場での様々な活用が研究されている一方、いまいち、その効果が分かりづらいのが「水素水」でもあります。そこで「水素水とは?」からご紹介します。

「水素水」とは?その効果は?

水素水は、分子状の水素(H2)を高濃度で溶かした水のこと。水素水を飲むことで、水素が人間の体内にある活性酸素(特に悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル))と結びつき、中和し、活性酸素を消去する働きがあると言われています。

この「活性酸素」は、体内に侵入したウィルスや細胞などを撃退する為に白血球から放出される、消毒や殺菌効果の高い体にとって必要な物質です。

しかし、活性酸素が増えすぎてしまうと、悪玉活性酸素(ヒドロキシルラジカル)になり、細胞を無差別に攻撃し、酸化させることも分かってきました。不飽和脂肪酸という油で作られている細胞膜は、活性酸素と結びつくことで過酸化脂質となり、細胞を老化させてしまうのです。その細胞の老化によって、しみやそばかすが増えたり、肝臓機能の低下を招くことがわかっています。

そこで、水素と結びつけて活性酸素を除去するということで、「水素水」が注目を集めることとになりました。

「水素水」と「活性水素水」は、現在では別物と考えられている

しかし、水素分子(H2)ではなく、更に酸化還元能力の高い「活性水素(水素原子。Hを指す)」という物質に高い効果があるという説が、「ニセ水素水」問題にもつながっています。

「活性水素」とは?

そもそも、「活性水素」は学術用語ではありません。

しかし、近年の研究の中では、水素原子(H)のことを「活性水素」と呼び、水素分子(H2)を溶解させた水素水が体内に取り込まれることで、自然と水素分子(H)が体内に発生し、それが活性酸素の消滅につながるという説も生まれているのです。

この説に基づき「活性水素」が含まれた「活性水素水」という商品も生まれましたが、その効果がまだ判明していないことから、「ニセ水素水」問題に発展しています。

というのも、「活性水素(水素原子。H)」は、例え発生したとしても、半減期が約0.33秒とも言われている為、販売出来るほど長い時間、充填できるかといった課題があります。また、前述の通り、体内で自然発生することは出来ても、体外からは取り込めないなどの説もあります。

今後の研究の結果では、「活性水素」も学術的に認められるようになるかもしれませんが、今はまだ「水素分子(H2)」が溶解した「水素水」が一般的のようです。

このように、様々な「水素」効果説があり、まだ解明されていない点が多いのもその特徴です。その中で、きちんとした商品を選んでいくには、下記のポイントに気をつけると良いでしょう。

「水素水」商品の選び方

ペットボトルではなくアルミパウチタイプを
ペットボトルではなくアルミパウチタイプを
活性水素の半減期が約0.33秒であるのと同じく、水素分子も半減期はさほど長くはありません。

よって、充填時に水素が漏れてしまうことも懸念される為、密封率の高いアルミパウチ式のものを選ぶとよいでしょう。
実験データが多く公表されている商品を
実験データが多く公表されている商品を
前述のように、まだ解明されていない点も多いのが水素の特徴であり、実際に計測したら、商品に表示されている水素量が含まれていない商品も沢山あります。

よって、どのような実験を行い、水素をどれ位含んでいるのか、裏付けデータの多い商品の方が信憑性が高いと言えるでしょう。


「活性酸素」を消滅させる機能という意味では、注目の存在ではありますが、まだ未解明の部分が多いのも「水素水」の特徴です。

納得できる商品選びをすることが一番大事だと言えるでしょう。