【メイク界のカリスマ】嶋田ちあきさんが選んだベストコスメとは?

【メイク界のカリスマ】嶋田ちあきさんが選んだベストコスメとは?

2017年上半期、美容のプロの心をわし掴みにしたコスメがついに決まる! 美容業界の顔ともいうべきプロ中のプロ53名が、VOCE読者のためにゼロから選んで厳正に採点。その中でもメイク界の巨星、ヘアメイクアップアーティスト・嶋田ちあきさんが投票したコスメは一体……!?

嶋田ちあきさんが選んだベストコスメはこちら!

【パウダリーファンデーション部門◆第1位】

シャネル ル ブラン コンパクト ラディアンス SPF25・PA+++ 全6色 ¥7500(レフィル¥6200)

清く正しい白肌が快適に続いていく
メイク部門最優秀賞を獲得したファンデーション。驚くのは、パウダリーとは思えないしっとり加減。粉っぽさを感じさせず肌にピタリとなじむ使用感は、真夏でも肌を託せる確信が持てるほど。それもそのはず、このファンデはなんと気温や湿度の変化に対応してくれるから! 乾燥、毛穴、赤みが気にならない心地よい肌が続くなんて、幸せ!!

【パウダリーファンデーション部門◆第2位】

イヴ・サンローラン アンクル ド ポー コンパクト SPF23・PA++ 全6色 ¥7200/イヴ・サンローラン・ボーテ

パウダリーの次元を超えた一品!
パウダリーではあるけれど、パウダリーとは言い切れない、ユニークなテクスチャーをもたらした処方は3Dジェルネットワーク。保湿成分をたっぷりと含むため粉っぽさは一切なし。肌と一体化するようにしっとりなじんで、極上のシルク肌が完成する。カバー力が高い一方で、手をかけて作りあげたような素肌っぽさも残る未体験の仕上がりに大注目。

【リキッド・クリームファンデーション部門◆第2位】

エスティ ローダー ダブル ウェア ヌード クッション スティック ラディアント メークアップ 全3色 ¥5500

何とファンデとスポンジが一体化
ダブル ウェアのシリーズから登場した新作は、ファンデとスポンジの一体型! 手を汚さずにベースメイクができる、携帯できるからお直しにも使える、とまずはそのスマートさに評価が集中。スキン シンクロ コンプレックスをはじめとする潤い成分を配合することで保湿力の高さも実現。素肌と見まごうばかりのナチュラルさ!

【クッション・ジェルファンデーション部門◆第2位】

ディオール ディオールスキン フォーエヴァー クッション SPF35・PA+++ 全5色 ¥6500(レフィル¥5000)/パルファン・クリスチャン・ディオール

毛穴の目立たないマットな肌に
クッション・ジェルファンデーション部門2位にランクインしたのはディオール。生っぽさやツヤっぽさを追求するクッションファンデが多い中、こちらの仕上がりはフレッシュマット。クッションならではのみずみずしさを味わいつつ、端正な雰囲気が手に入ることが高評価の理由に。気になる毛穴もあっさりと隠せて、使うほどに美肌度が増していくような手応えがたまらない。

【チーク部門◆第3位】

シャネル ジュ コントゥラスト 370 ¥5500

洗練カラーが骨格までも美しく!
チーク部門3位のシャネルはとくにアーティストたちから、とにかく使える、と絶賛された色。目元や口元のメイクを引き立ててくれる、ローズベージュのさりげない発色と、イキイキ感が漂う、にじむようなツヤを演出できるのがその理由。肌なじみも抜群だから、シェーディング的にのせれば、わざとらしくならずに顔立ちを引き締める小顔効果も!

【アイシャドウパレット部門◆第3位】

シャネル レ キャトル オンブル 274 ¥6900

輝きだけでつくる陰影に釘づけ
昨シーズンの全色マットのパレットとは打って変わって、今期は全色パーリーなパレットをリリース! 透け感があって、ほどよく肌になじみつつ、ジュエリーのようにきらめいて華やか。輝きに輝きを重ねることで生まれる新鮮な陰影もプロたちの心を捉えた。どう重ねてもギラつくことなく、上品に仕上がるなんて、さすがシャネル。

【アイライナー部門◆第1位】

シャネル スティロ ユー ウォータープルーフ 932 ¥3000

女性を色っぽく見せる絶妙なオシャレ色
赤みカラー人気は今シーズンも継続中。黒より柔らかく、茶よりも女らしく仕上がる色として定番化。赤がやや控えめなこの色は、繊細な雰囲気だからアラサーでも無理なく使える。ほんのり赤みを感じさせるように全体を囲みラインにしてみても。

【アイライナー部門◆第2位】

シュウ ウエムラ ラスティング ソフト ジェル ペンシル N M インテンス ブラック ¥2600

超極細で描く漆黒ラインにKO!
融点の異なるハードワックスとソフトワックスをバランスよく配合。約1.5㎜という細い芯でありながら、肌にまったく負担をかけないなめらかな描き心地を実現した。また、先進技術を詰め込むことで驚くほど水に強い仕上がりに。描いた美ラインが長持ちするのも、お直しできない働く女子にうれしい機能!

【マスカラ部門◆第3位】

カネボウ ナチュラルフレーミングマスカラ 01 ¥3800/カネボウ インターナショナルDiv.

美まつ毛のための繊細マスカラ
なんといっても特徴的なのは、短いまつ毛をしっかりキャッチする、目の形にフィットする独自のカーブブラシ。さらになめらかな液がまつ毛一本一本に絡みつき、扇状に広がった美しいまつ毛をつくる。色は黒だけど、自然な血色感を演出するように設計されているので、塗るだけで美人な目元になること間違いなし!

【プチプラ部門アイメイク編◆第1位】

ケイト スーパーシャープライナー EX BK-1 ¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品

抜群の描きやすさで文句なしのNo.1!
プチプラ部門アイメイク編で2位との差、約80点。点数が分散しがちなこの部門で、これだけの票を獲得。その理由は、文句のつけようのない機能性の高さにあったようだ。九角形で、さらにカッティングを施された持ち手。ぺんてる社との共同開発で生まれた、コシがあるのに柔らかな筆先。汗や水、皮脂にも負けない密着感。一度使えば手放せない、絶品ライナーここにあり。

嶋田ちあきさんが個人賞に選んだのは…

ルージュ アンリミテッド シュプリーム マット RD156 ¥3200/シュウ ウエムラ

今期の赤リップはマットさがカギ
「彩度が高い赤なので健康的でフレッシュに見える。コケティッシュ感やピュア感が出やすく、今のトレンドにピッタリ。マットに見せて潤いをキープしている質感もいい」想像以上に万能なラズベリーレッド。今っぽさを思う存分楽しんで正解。

≪こちらもチェック!≫

【VOCEベストコスメ】上半期メイク部門1位まとめ【大発表!!】
【買うべきスキンケア丸分かり!】VOCEベストコスメ・スキンケア部門1位まとめ☆

2017上半期ベストコスメをチェック!

撮影/伊藤泰寛、嶋田礼奈 取材・文/穴沢玲子、丸岡彩子、小池菜奈子 構成/鬼木朋子、与儀昇平

関連キーワード

関連記事