堂々と靴を脱げますか?強烈な「足の臭い」の原因と対策はコレだ!

堂々と靴を脱げますか?強烈な「足の臭い」の原因と対策はコレだ!

夏の季節は足を露出する機会が多いですよね。それゆえに、足の臭いには人一倍気を使いたいもの。お店やお友達の家に上がるとき、靴を脱ぐのをためらってしまう…なんてことにならないよう、しっかり足の臭い対策をしていきましょう。

夏の足の臭いはどこから?

当たり前のことですが、夏は汗をかきます。なかでも足は、たくさん汗をかいていることをご存知でしょうか?夏の蒸し暑さで臭う足は、汗によって雑菌が繁殖して臭いを発生させているのです。汗自体に臭いはないのですが、汗には塩分や水分が含まれており、これらをエサとするバクテリアが繁殖すると言われています。

また、冷房が効いた環境で過ごすことが多く、あまり汗をかくことが少ない人は、汗腺機能が衰えている可能性があり、質の悪い臭いの放つ汗が出てくることがあるそうです。汗をかかない環境ばかりにいるのも、あまり良いものではないのです。

足の臭いを抑えるには?

足の臭い対策として、まずムレさせないようにすることが大切です。たとえば通気性の悪いパンプスなどは、足の指と指が密着していることでムレの原因になりやすいため、替えの靴下やストッキングなどを用意しておくと良いでしょう。

ただし、通気性の良い靴だとムレないのかというと、答えはノーです。たとえば素足でサンダルを履いたとき、サンダルの素材自体が汗などの水分を吸収するものではないことが多いため汗がたまりやすく、臭いの原因につながります。そのため、雑菌が繁殖しやすいムレる環境には注意しましょう。

また、毎日同じ靴を履かないようにするのもおすすめです。汗を吸ってしまった靴を乾燥させることも臭い対策には重要になります。

臭ってしまった足はどうすればいいの?

どうしても臭ってしまった足は、丁寧に洗うことが大切です。保湿効果のあるボディソープなどは、かえって臭いを悪化させる場合があるので、殺菌性のある石鹸などで指と指の間まで念入りに洗いましょう。そして、足裏の古い角質や垢を落とすとさらに効果的です。なかなか臭いが落ちない人は、爪の間まで丁寧に洗いましょう。

清潔な足を保って、堂々と靴を脱げる夏を過ごしましょう!
関連キーワード

関連記事