【脱!むっちり太い指】スラリとした手指をゲットする方法

【脱!むっちり太い指】スラリとした手指をゲットする方法

夏はむくみやすい季節。体重は増えてないのになんだか指輪がきついと感じる人も多いのでは?手は人目を引くパーツ。指のムチムチ感のせいで華奢な指輪が似合わなくなったり、体まで太って見えることも。しゅっとした指先を取り戻す方法、見ていきましょう。

実は体幹が大事!
鍛えれば指が細くなるかも

体は細いのに、指、さらに腕がなんだかぽっちゃりしている人がいます。一方で、逆にどんなに太っても指先はなぜかしゅっとしている人がいると思いませんか?一般に、だいたい5キロやせると指のサイズがワンサイズくらい落ちると言われていますが、なんだか体重や体格と指の肉付きが比例しない場合は、体幹の強さが影響しているかもしれません。体幹が弱いと、腕や手先にかかる負担が増えるため、ひじ下や指がしっかりしていることが多いそう。また、姿勢が悪く肩甲骨の動きが悪い場合も、手先の血行が悪いため、腕や指が太くなってしまうこともあるのだとか。決して太っていないのに、ぽっちゃりした指が気になる、体は痩せても指は痩せない……そんな人は、腹筋、背筋など体幹を鍛えることでしゅっとした指に近づけるかもしれません。

重労働だからいたわって
ハンドクリームはマッサージとともに

荷物を持ったりデスクワークで酷使したり、手や指は毎日重労働をこなしています。疲れやむくみを蓄積させないこともしゅっとした手に近づくポイントです。ハンドクリームを塗るときに、マッサージとセットにするのを心がけるだけでだいぶスッキリしてくるはず。手の甲の骨の間は老廃物がたまりやすい部分です。ここがスッキリしていると指まで細く見えるので、老廃物をしっかり流すように手首に向けてさすりましょう。指も、手の指の側面をぎゅっと押したり、小指側にねじりながらマッサージしたり、指をそらしたりしながらハンドクリームをなじませていけばしっとり&スッキリな手に。最後に、荷物を持つことなどでパンプアップされやすいひじ下を何度かに分けてぎゅっとつかむことで、血行も良くなります。マッサージのあとに白湯を飲むのもオススメです。

疲れにも効果的
ツボ押し

手のひらはツボの宝庫。ツボ押しはリラックス効果も高いので、気づいたときにこまめに刺激しましょう。人差し指と親指の延長線が交差するところからやや人差し指寄りの部分に「合谷」というツボがあります。少しくぼんでいて、押すとジーンとするのですぐわかるでしょう。3秒ほどかけてぐっと押したり、小さな円を描くように押すのも効果的です。手のむくみを解消するほか、便秘解消、目の疲れ、肩こりなどに効くツボでもあります。また、爪のまわりは毛細血管がたくさんある部分です。ココを押したり円を描くようにマッサージすることで、血行が良くなり指のむくみが排出されやすくなる効果も。

番外編:くすみと角質をオフ

細いだけではキレイな手と認識されないこともあります。キレイなしゅっとした手に見せるには質感も重要。特に、関節のくすみやシワは、それだけで視線を分断するので指を長くキレイに見せるためにもオフしておきたいところ。手にもスクラブをかけたり、ハンドクリームを塗るときに指を曲げて関節部分にもくるくる塗りこむなどしてくすみと角質をオフしましょう。意識して行えば、早い人は一週間程度で関節のしわしわ感や黒ずみが消え始めます。透明感がでて、「キレイな手」の印象がより強くなり、美人印象アップです。

関連キーワード

関連記事