良いオイルは食べる美容液! 化粧品よりお金をかけて!

良いオイルは食べる美容液! 化粧品よりお金をかけて!

良いオイルは最強の美容液。毎日のお料理で使う効果は絶大です。
選び方、使い方、保存の仕方など、あらゆる意識を変えましょう。
今回は身近なオリーブオイルでその方法をご紹介致します。

オリーブオイルの種類

オリーブオイルは私たちの身近なオイルですね。
オリーブオイルは、オメガ9やビタミンE、豊富なポリフェノールの含有を誇り、抗炎症・抗酸化作用もあるビューティーオイルです。
ただし、とりすぎは太るので、一日大さじ1〜2杯程度を目安にしましょう。

◎ エクストラバージン・オリーブオイル
一番搾りの未精製オリーブオイル。低温圧搾法で作られ、化学的な物はゼロ。
オリーブオイルの中で、一番クオリティが高く、抗酸化物質、ポリフェノール、ビタミンEの含有率が最も高い。
生で使うのがベスト。低温なら調理に使っても可。

◎ バージン・オリーブオイル
二番搾りのオリーブオイル。化学的なものは一切ゼロの未精製油。
一番搾りよりフィトケミカルやポリフェノールは低くなる。
加熱に向いているオイル(ただし高温での揚げ物はNG)。

◎ オリーブオイル/ピュアオイル
バージン・オリーブオイルと精製オリーブオイルのブレンド。
精製過程で栄養素がほとんど失われてしまうので、あまりオススメしません。

生で使うのがベストなオイル・加熱に向いているオイル

オリーブオイル以外も様々な体に良いとされるオイルをご紹介します。

<生で使うのがベストなオイル>
エクストラバージン・オリーブオイル
アボカドオイル
パンプキンシードオイル
ごま油(未精製の茶色いものを)

スープや味噌汁にたらしたり、バターの代わりにパンにつけていただいても美味しいです。

<加熱に向いているオイル>
バージン・オリーブオイル
マカダミアナッツオイル
グリーンナッツオイル(オメガ3を約50%も含有する高機能オイル)
ごま油
ココナッツオイル

これらのオイルは熱に強い性質を持っていますが、揚げたりするとトランス脂肪酸が発生します。
揚げ油をストックして二度使いすることだけは絶対止めましょう。

良いオイルの条件

① 未精製のもの
② 低温圧搾製法またはコールドプレスと明記してあるもの
③ 遮光性の瓶(茶・紫・緑など暗めの色ガラス)に入っているもの。
④ 出来るだけ有機栽培のもの(オイルには農薬が蓄積しやすいため)。

保存法

光・高温はオイルの大敵です。栄養素が壊れる上、劣化し、体に良くありません。
開封後はしっかりと蓋を閉め、冷暗所で保管し、出来るだけ早く使い切りましょう。

美肌は上手なオイル使いから

いかがでしたか?上手なオイル使いこそが、美肌への近道です。
良いオイルはまさに食べる美容液!
良質なオイルを選んで、日々のお食事に活かしていきたいですね。

関連記事