寝汗びっしょりの布団で寝てない? 清潔なシーツで肌トラブル回避!

寝汗びっしょりの布団で寝てない? 清潔なシーツで肌トラブル回避!

夏の間は、たくさん寝汗をかいている人も多いと思います。寝汗を吸ってしまった枕やシーツなど、頻繁に手入れをしないと雑菌が溜まり不衛生でお肌に影響を与えることも。手間となる寝具をどのように手入れすればよいのでしょうか?

寝汗や湿気を含んだ布団は…

ジメジメと暑い夏の夜が続いていますが、こう暑いと夜眠りにつくのも一苦労。また朝起きたとき、寝汗によるパジャマや布団の湿り具合は、いかに寝苦しい夜を過ごしていたのかを物語っていますよね。

そんなとき、寝具一式すぐにでも洗いたい!と思いますが、パジャマなどの衣類とは違って布団のような大物になると、そう簡単に洗濯できませんし、毎日手入れするのも大変なことです。かと言って、そのまま寝汗を吸った布団で連日寝なくてはならないとなると、お肌への影響も心配…。実は、不衛生な寝具を使用していると、ニキビや肌荒れの原因につながると言われています。

特に夏は、寝汗に限らず単純に布団も湿ってしまいがちですし、雑菌やダニが繁殖しやすい高温多湿です。この布団の湿気を取るのに一番効果的なのは、やはり晴れた日の天日干しと言われていますが、太陽の熱が布団にこもってしまう天日干しは、冬は暖かくて気持ちいいのですが、夏は余計に寝苦しくなることは想像に難しくありませんよね。

寝汗を吸った不衛生な布団にならないよう工夫しましょう!

まず、できるだけ布団や枕に寝汗を吸わせない工夫が必要です。たとえば汗を吸い取ってくれる専用のパッドやシーツを布団の上に敷いたり、枕には厚めのタオルを巻いたりしましょう。それらを定期的に交換・洗濯することで、寝具の手入れの手間が大幅に省けるはず。寝ているときは、頭と背中からの発汗が特に多いそうなので、この2点をカバーするだけでもかなり違ってくるでしょう。

ただ、それでも布団の湿気はどうしても溜まっていきます。そこで布団が熱くならない湿気取りを実践しましょう。

室内でイスなどに布団を立てかけ、窓を開けて数時間風にあてる方法です。太陽の光が直接当たらないため、熱を溜め込むこともなく湿気をある程度、取り除くことができるそう。枕などは、陰干しするとよいでしょう。

いつでも清潔な寝具に保つことで肌荒れ防止にもつながりますし、睡眠の質が上がれば余計な肌トラブルも防げるでしょう。夏の夜を快適に過ごしたいですね。

関連記事