食事のメニュー選びと食べる時間でランチからキレイになろう!

食事のメニュー選びと食べる時間でランチからキレイになろう!

ランチタイムといえば、働く女性にとって楽しみの一つですよね!
そんな昼ごはんを、あなたのキレイに繋がるものにしてみてはいかがでしょうか。
Sao

上手に選んで我慢しない昼ごはんを!

ダイエットのためには、「夜ごはんの炭水化物は控えめに」「朝ごはんはしっかり食べても太らない」などのことが一般的に言われていますよね。
しかし、夜ごはんの炭水化物は意識次第でどうにか頑張れるかもしれませんが、朝ごはんをしっかり食べることは忙しい現代女性にとっては難しい。

それよりもおすすめなのが、“キレイを意識してランチを食べる”ことなんです。

というのも、「朝食は太らない」という根拠のひとつは、朝は脳が目覚めて活性化するために、炭水化物をよく消費しやすいからで、パンやご飯を食べても大丈夫、というわけなのですが、
これに対して昼食の時間帯は、消化器官の働きがもっとも活動的になってくる時間帯なので、脂肪やたんぱく質が燃焼に使われやすい時間帯でもあるのです。

ですから、このメカニズムを利用してメニューを選ぶようにすれば、太らずにたんぱく質や脂肪分が食べられるというわけなんです。
昼ご飯

ランチはいつ食べるのがいいの?

1日のなかで食べても太らない時間帯とは、午後3時といわれています。
いわゆる3時のおやつ時です。この時間帯は生理学的にも、もっとも脂肪になりづらい時間帯なのです!

しかし、午後3時にランチを食べるのはちょっと遅い気がしますよね・・・。
実は、食べても太らない時間帯を、もっと広く捉えれば、朝起きた直後から午後の3時まで。
人は眠っている最中は副交感神経が優位ですが、目覚めると交感神経に切り替わります。そして体温の上昇が始まります。
交感神経は脂肪を燃焼する働きがあり、副交感神経は脂肪をため込む働きがあります。
ですから、交感神経が活発なときに食べるものは、脂肪になりづらいのです。

なので、どんなに忙しくても午後3時までにはランチを食べるように心がけましょう!

では、どうして午後3時までに食べれば太らないのでしょう?
それは、BMAL1(ビーマルワン)という物質がかかわっています。
BMAL1は体内時計を調節する遺伝子に関わっています。人には体内時計があるのですが、そのリズムとともに活動しています。
BMAL1には、脂肪をため込むという働きがあり、午後3時は1日のうちで、もっともBMAL1が少ない時間帯なので、太りづらいというわけです。
ちなみにもっともBMAL1が多いのは、午後10時から夜中の2時あたりといわれています。
ですから寝る前に食べたり、この4時間の間で食べてしまうと、それは脂肪に蓄積されやすいので要注意です!


是非、食べたいものを我慢するのではなく、食事内容と食べる時間に気をつけて、ランチタイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

関連記事