間食好き必見! 女子力を下げずに楽しめるおやつ選び

間食好き必見! 女子力を下げずに楽しめるおやつ選び

女性にとっておやつは、美肌やダイエットによくないと分かっていながら我慢できないもの…。
そんな間食を、女子力を低下させずに楽しみましょう!
Sao

おやつも女性の味方につけちゃおう!

男性に比べて、女性はおやつを食べる人が断然多い。
その理由はいろいろですが、ストレス解消・小腹が空いた(仕事中やテレビを見ている時)・暇つぶしなど。
おやつの魅力になかなか抵抗できませんよね~。
ダメだと思いながら、チョコレートやクッキーを頬張ってしまうこともしばしば。

そこで今回は、罪悪感を感じずにおやつを食べられる、選び方のコツを伝授しようと思います!
おやつを買うときの参考にしてみてください。

仕事中におすすめなのがドライフルーツ

仕事しながらおやつを食べている方は多いと思いますが、そんな時におすすめなのが「ドライフルーツ」です。
匂いもしないし、コンビニなどで気軽に買えるし、なにより美容にもとても良いんです!

ドライフルーツは生のフルーツよりも固いので、咀嚼回数を重ねることで、脳にある満腹中枢が刺激され、お腹がいっぱいだと言う指令が脳から出され、少ない量でも食欲を抑えることができるのでダイエットにおすすめ。
また、フルーツの種類によって効果も違うので、それぞれの美容の悩みに合わせて食べることで、その効果も摂り入れることができちゃいます。
例えば、アンチエイジングにはバナナ、美肌にはベリー類、貧血予防にはプルーンなど。

アイスクリームが食べたい時は氷菓タイプのものをチョイス

これからあったかくなってくると、ついつい食べたくなりがちなアイスクリーム。

パッケージに書かれているアイスクリームの種類に注目してください。
アイスクリームの種類は乳脂肪分と無脂乳固形分(乳脂肪分と無脂乳固形分を足したもの)の含有量によって定められています。
パッケージにアイスクリームとあるものは、乳脂肪分8%以上で乳固形分は15%以上のものを指しますが、これらがダイエットの妨げになると言われているので、乳固形分が低いか入っていない「氷菓」タイプのものを選ぶようにするのが良いでしょう。
間食

スナック菓子が食べたい時はおせんべいにチェンジ

本を読んでいる時やテレビを見ている時に、食べたくなるのが乾き物のお菓子。
どうしてもしょっぱいものが食べたい!なんて気分の時がありますよね。

しかし、そんな時でもスナック菓子に手を伸ばすのはお肌にも体重にも良くありません。
そこでおすすめなのが、日本ならではのお菓子であるおせんべいです。
油で揚げていないものを選べばスナック類よりカロリーが低く、糖質と脂肪分の「同時摂取」を避けることができます。
購入の際は、油で揚げていないことを確認してみてください!


食べないのが一番なのは分かってはいますが、たまには自分に優しくしてあげるのも大切。
おやつを上手に選んで、女子力をキープしたまま間食を楽しみましょう!

関連記事