30代から増えるシミ「肝斑」 その原因と改善法

30代から増えるシミ「肝斑」 その原因と改善法

年齢を重ねるごとに気になってくるシミ。
シミにも実は様々な種類があり、20~59歳の約3人に1人が、肝斑(かんぱん)と疑われるシミを持っているという結果が出ているんだそう。
怖いのが、肝斑を通常のシミだと思って治療してしまうと、悪化させる原因にもなってしまうということ。
今回は肝斑の見分け方と、その原因及び改善法をご紹介したいと思います。

肝斑とは? 普通のシミとは何が違うの?

肝斑の大きな特徴として、左右対称にほぼ同じ形、大きさで現れることが挙げられます。
ほっぺた周辺見られることが多く、比較的広い範囲に広がっていて、境界が明確でなくもやっとしているのが特徴。
目の周囲にはできず、色が抜けたように見えることもあります。
さらに進んでくると、口の周りやこめかみにもみられることも。

通常のシミは紫外線によるものが多いですが、肝斑の場合は紫外線に当たらなくてもできてしまいます。
その中でも一番の原因が、妊娠やピルの服用などで起こる女性ホルモンのバランスの乱れだと言われ、とくに女性ホルモンが活発な30〜40代で肝斑ができることが多いという結果が出ています。
また、洗顔やマッサージによる過度の刺激によって悪化してしまう場合も。

肝斑の治療法

注目を集める効果的なシミ治療のひとつ、レーザー治療。
肝斑の場合はかえって濃くなってしまうケースもあるので要注意です。

肝斑の治療法としては、トラネキサム酸入りの薬の服用があります。
トラネキサム酸は、肝斑の原因であるプラスミンの働きを抑制する効果がある成分で、ドラッグストア等で購入することができます。
即効性があるものではないため、2か月は様子を見る必要がありますが、8割から9割の人が効果を実感しているようです。

また、いくら肝斑の主要因が紫外線ではないからといって、紫外線ケアをしなくてよいということではありません。
ほかのシミの予防や悪化を抑えるために紫外線対策はとても重要ですし、肝斑も紫外線にあたることで悪化もします。

30~50歳代という限られた年齢層にできるシミの肝斑。
気付いていないだけで実はたくさんの女性に肝斑の可能性があります。
常に美肌でいるためにも肝斑とシミの違いや原因、治療法を理解し正しいケアをしてあげましょう。


関連キーワード

関連記事