あなたのメイク崩れてない?! メイク崩れしない為のポイント

あなたのメイク崩れてない?! メイク崩れしない為のポイント

だんだん暖かくなってくるこの時期、メイク崩れが気になりませんか? 実は、崩れない為にしている事が、逆にメイク崩れを促進させているかもしれません。きちんとポイントを押さえて、崩れないメイクを目指しましょう。

メイク崩れの原因

①汗や皮脂
メイクが崩れる最大の原因は、「皮脂」によるもの。ベースメイク用品には、油分を沢山含んでいるものが多いので、皮脂と油分が混ざって溶け出してしまうことで、メイク崩れが起こります。

②皮脂の取り過ぎ
これからの夏場に向けて暑くなる季節、皮脂を抑えようという思いが強いと思いますが、実はNGです。皮脂を取り過ぎてしまうと、お肌は水分不足だと感じて、より皮脂分泌が過剰になってしまいます。

③乾燥
お肌が乾燥していると、メイクを吸着させる力が低下して、メイク崩れが起こりやすくなります。更には、乾燥しすぎると、肌のバランスが崩れて皮脂の分泌が過剰になることもあります。

メイク前のスキンケアを見直す

①洗顔
Tゾーンや小鼻など、脂が出るからとゴシゴシ洗うのは、お肌の潤いに必要な皮脂まで落とし、より皮脂が分泌してしまうので絶対NGです。
《洗顔のポイント》
洗顔するときのお湯はぬるいと感じる30〜35度くらい
洗顔料はしっかり泡立てる
強くこすらず、泡を押し付けるように洗う
しっかりと洗い流す

②肌を冷やす
冷やしたタオルや保冷剤をハンカチなどでくるんだものを、肌に軽くあてましょう。冷やすことで毛穴が閉じて、メイク崩れしづらくなります。

③しっかり保湿
乾燥もメイク崩れの原因です。夏場は冷房でお肌が乾燥しやすいので、化粧水をしっかりパッティングしながらつけましょう。

④クリームの分量を調節
化粧水の後に、油分の多い保湿クリームを顔全体に均一に塗るのはNGです。Tゾーンが崩れやすい人は、Tゾーンとそれ以外の場所で、クリームの量を変えるなどして調節しましょう。また、乾燥しやすい目元や頬はしっかり保湿を。
スキンケア

日頃のケア

①毛穴ケア
皮脂が詰まった鼻の毛穴は、定期的なケアが必須です。毛穴パックのやり過ぎは良くないですが、2週間〜1ヶ月に1回くらいは行いましょう。洗顔も正しい方法で行う事が大切です。

②うぶ毛処理
顔のうぶ毛をきちんと処理しておくと、ファンデーションが均一に伸び、メイクのりも良くなり崩れにくくなります。また、うぶ毛を剃るとお肌のトーンが一段明るくなります。

③ピーリング
週1〜2回ほど、ピーリング作用のある洗顔料などで古い角質を除去しましょう。角質を除去したお肌は、しっかりと保湿する事が大切です。

関連記事