歯の着色汚れをキレイに!原因とステイン除去から予防法まで徹底解説

歯の着色汚れをキレイに!原因とステイン除去から予防法まで徹底解説

歯の着色の主な原因は、お茶やコーヒーなどにより表面に付着したステイン。専用歯磨き粉などを使うセルフケアから、クリーニングやホワイトニングなどの歯科医院での治療まで、着色除去&予防の方法をご紹介します。口臭や虫歯予防にも役立つ着色ケアとは?

歯の着色とは?主な原因はステインの付着

毎日丁寧に歯磨きをしていても、歯の黄ばんだ着色が気になりませんか?
人は会話している時多くの場合口元に目線が行くので、「口や歯が第一印象を決める」と言ってもいいほど大切な部分です。

好感の持てる白くかがやく歯を手に入れるために、まず着色の原因と仕組みについて知っておきましょう。

■コーヒー・紅茶に含まれるポリフェノールやタンニン

歯の着色の主な原因は、ステイン。シミのような歯の汚れを指します。ステインの正体はポリフェノールやタンニンで、これらを多く含む食べ物や飲み物を頻繁に口にして磨き残しがあると、歯の着色につながります。

具体的には、コーヒー・紅茶・緑茶・ウーロン茶・赤ワインなどの飲み物や、チョコレート・カレー・ブルーベリーやぶどうなどの食べ物が挙げられます。渋み成分であるタンニンは、急須などに茶渋がつくことからもわかるように「着色しやすい物質」です。

アンチエイジングや健康に効果があると言われるポリフェノールも、歯のためには注意が必要ですね。

着色汚れは、このような食品が口に入ることで、歯の表面を覆っている「ペリクル」と呼ばれる部分にポリフェノールやタンニンが付着します。
そしてじわじわと色素が沈着していき、さらにペリクル層の中にあるエナメル質とイオン結合することによって、歯磨きだけでは落とせなくなっていきます。

■タバコなどのヤニ

食べ物の他にもステインの原因になるのが、タバコに含まれるタール。「ペリクル」はタールと結びつきやすい性質があります。

タバコを吸ってすぐに着色するわけではなく正しく歯磨きをすれば残りませんが、磨き残しがあるとその箇所にまたタールが付着して…を繰り返していくうち頑固な着色になってしまいます。

着色汚れと思いきや・・・エナメル質内部による変色も原因

歯の表面についた着色汚れも、放っておくと徐々にペリクル層の下のエナメル質内部に浸透して、蓄積されていきます。するとホームケアやクリーニングで白くすることは難しくなりますから、早めの対処がカギです。

また、エナメル質のそのさらに奥には象牙質がありますが、この部分は加齢により黄色味が強くなってきます。さらに年々エナメル質が削れて薄くなることによって、黄色くなった象牙質が透けやすくなり、歯の着色汚れのように見えている場合もあります。

また、エナメル質が虫歯になっている時も黄色味を帯びてきます。

歯の着色汚れの取り方|ホームケア編

では歯の着色汚れを取る方法を具体的に見ていきましょう。効果や費用も様々ですが、代表的なホームケアの方法は5つあります。注意したい危険な方法もご紹介。

1、ホワイトニング専用歯磨き粉

ホワイトニング専用歯磨き粉を使う方法。ステインを浮き上がらせて除去する効果のあるものもありますが、研磨剤によって歯の表面を削っていくタイプが一般的です。歯にダメージを与えないように研磨剤が強すぎないものを選びましょう。

リーズナブルに始められるホームケアで、ドラッグストアなどでも1000円前後で手に入ります。ただし即効性はなく結果が出るまで時間がかかるので、辛抱強く毎日続けて行う必要があります。

2、ステイン除去グッズ

電動歯ブラシに似た形の、超音波振動とイオンの力を利用したステイン除去グッズもあります。ヤニや茶渋などの汚れを浮き上がらせて除去するので、歯を削ることなくステインを落とせ、安心して使えます。

歯茎や歯間の汚れにも対応でき、歯全体を白くすることができます。価格は1万円前後から。

3、重曹 

重曹を使って歯を白くすることもできます。重曹水でうがいをする方法と、重曹で歯磨きをする方法のふた通りがありますが、いずれも使用する重曹は工業用ではなく、食用を用意してください。

重曹水でうがいをする場合、500mlの水に約3gの重曹をよく混ぜて使います。食後や歯磨き後にクチュクチュとゆすぐようにうがいをするだけでOKです。

重曹で歯磨きをする際は、歯ブラシにひとつまみの重曹を乗せて磨きますが、研磨力が強く歯の表面を傷つけてしまう可能性があるので、決して強くこすりすぎないようにするなど十分注意しましょう。

また、弱アルカリ性の重曹を使うことで、酸性で口臭がひどくなりやすい状態にある口の中を中和してくれ、口臭予防にも役立ちます。リーズナブルなのもポイントですね。

4、ホワイトニングペン

ホワイトニングペンとは、ペンタイプのジェルを歯に塗っていくタイプのアイテム。海外製品の中には歯の内部まで漂白するものもありますが、日本で販売が許可されているものは表面の汚れを取る効果があるものです。

価格は2500円程度。

使用方法は、ジェルを塗った後に洗い流すものやそのままのものなど商品によって異なります。

自宅で手軽にケアできるので人気もありますが、実際の効果は人によってばらつきがあります。

5、水流でとる電動歯ブラシ

電動歯ブラシにも音波、超音波など様々な種類がありますが、音波水流と超高速振動の組み合わせで着色汚れを落としていくものもあります。ステイン除去に着目したホワイトモードなどをうまく活用してケアしましょう。

価格は2万円前後から。

【危険】メラミンスポンジ、研磨剤には要注意

歯を綺麗にする方法として、「激落ちくん」など掃除用のスポンジを使うという方法を目にすることもあります。掃除用にはとても便利なものですが、この方法は大変危険です。

一見柔らかそうなメラミンスポンジは、金属のように硬い編み目で汚れを削って落としています。デリケートな歯に使えば、歯の表面のエナメル質などを削り落として傷つけてしまうでしょう。

歯専用メラミンスポンジ・歯消しゴムのような専用アイテムもありますが、研磨剤を使っているものなどは、強くこすったり磨きすぎたりするとメラミンスポンジ同様に歯にダメージを与えてしまいます。十分に注意が必要ですね。

歯の着色汚れの取り方|歯科医院編

歯科医院での着色除去なら、ホームケアよりもずっと高い効果が期待できます。

保険適用のものからそうで無いもの、期間なども種類によって異なります。

■保険適用内のクリーニング

歯のクリーニングとは、普段の歯磨きでは落としきれない歯垢や歯石を落としてくれるものですが、ヤニや茶渋などの着色汚れにも効果があります。

保険適用内ですと、一度にできる歯の本数が決められているので全ての歯をクリーニングするためには数回通う必要がありますが、1回3000円程度でキレイにできます。

プロの手でクリーンニングをしてもらうので、歯や歯茎を傷つけたりする心配もなく安心です。

■自費治療のクリーニング:PMTC

歯科でのクリーニングには、自費で行うものもあります。Professional Mechanical Tooth Cleaning、略して「PMTC」と呼ばれます。

本来の自然な歯の白さを手に入れられるほか、汚れがつきにくくなります。また虫歯や歯周病の原因となる菌膜を除去できるので、虫歯になりにくい健康な歯になります。

大まかな内容は、歯石取り・着色落とし・歯の清掃・口の洗浄・虫歯予防のフッ素塗布などです。一度にしっかりケアできるので、頻繁に通う必要はありません。

費用は歯科医院によって差がありますが。5,000円から2万円程度。

■即効性抜群のオフィスホワイトニング

クリーニングよりもさらに白くする効果がある、ホワイトニング。そのひとつが即効性のあるオフィスホワイトニングです。

歯の汚れを落とした後の歯に濃度の高い漂白剤を塗布し、さらに専用のライトを10分前後当てて効果を高める方法です。強い漂白作用があり、短時間で効果が得られやすいのが特徴です。

一回の施術は1時間程度で、1〜2週間開けて定期的に行うことで目標の白さに近づきます。

強い薬剤を使うのでまれに痛みがあることもありますが、最近は効果的かつより負担の少ない薬剤を使うためこの点も改善されてきました。口の中に漂白剤を使うというと心配になりますが、医師の元での施術なので安心です。

ただ効果が持続しづらいのが難点です。

費用は医院により異なりますが、1万円から5万円程度でしょう。

■自宅でこつこつホームホワイトニング

頻繁に歯科医には通えない、じっくり時間をかけてでもいいから手軽にリーズナブルに効果を出したい!という人なら、ホームホワイトニングがオススメ。

ホームホワイトニングとは、その名の通り自宅で自分自身で行います。まず歯医者さんで型を取り、マウスピースを作ります。そしてその中に自宅で薬剤を入れて、2時間装着してケアします。

いつでも好きな時にできること、効果が1〜2年と長く持つこと、費用が1万円から3万円程度とオフィスクリーニングよりもリーズナブルなことがメリットとして挙げられるでしょう。また自然な白さも魅力です。

デメリットとしては、効果がでるまでに時間がかかること、毎日2時間装着するのを苦痛に感じる人もいること、衛生上毎日のお手入れが必要なこと、などがあります。

■ホワイトニングに適さない人もいるので注意

ホームケアよりも効果が期待できそうなホワイトニングですが、適さない人や注意が必要な人もいます。

・虫歯や歯周病、知覚過敏、ひび割れなど歯に疾患がある人
薬剤が患部に付着すると症状を悪化させる場合があるので適していません。治療後であれば可能です。

・入れ歯や差し歯のある人
ホワイトニングの効果があるのは、「生きている歯」のみで、人口の歯である入れ歯や差し歯は白くなりません。大きな詰め物部分も同様です。


・無カタラーゼ症
無カタラーゼ症を患っている人は、ホワイトニング剤である過酸化水素が分解できません。危険を伴うのでホワイトニングには適しません。


・服用中の薬がある人
服用している薬によっては、ホワイトニングで使用する薬剤が影響を与えてしまうことも考えられます。必ずかかりつけ医に相談してからにしましょう。

・妊娠中や授乳中の人
薬剤を使うため、妊娠中や授乳中は避けた方が良いでしょう。またオフィスクリーニングなどでは長時間同じ体勢でいなければならないので、母体に負担となります。

自宅での歯の着色予防法

せっかく自宅や歯科で白さを取り戻した歯。これ以上の着色汚れを防ぐために、自宅でできる予防法にはどんなものがあるでしょうか?

■丁寧な歯磨き、ただし「ごしごし磨きNG」


着色汚れを防ぎ歯の美しさと健康を守るためには、何よりも「丁寧な歯磨き」が大切です。ただしそれは「力任せにゴシゴシ強く磨く歯磨き」ではありません。むしろゴシゴシ磨きは着色汚れをひどくしてしまうことも。

硬い歯ブラシなどで力を入れて磨くと汚れが取れそうに思えるかもしれませんが、歯の表面を傷つける原因になります。表面にできた凹凸部分には汚れがつきやすく取れにくくなるため、結果的に着色を招いてしまいます。

柔らかめの歯ブラシを、力を入れずに細かく動かして磨くようにしましょう。幼児など子供は力加減がわからずゴシゴシ磨きをしてしまいがちなので、注意して見てあげるといいですね。

■色のつきやすい食べ物・飲み物後には即「うがい」

カレーやワインなど着色しやすい飲食物を口にした後は、うがいをする習慣をつけましょう。すぐに歯磨きをすることが難しくても、水で汚れを洗い流すだけでステイン防止になります。

■すぐに歯磨きできないときは「ガム」

外出時などにもできる着色予防として、ガムもあります。

口の中の水分が減り乾いた状態になると汚れがつきにくくなってしまいますから、ガムを噛んで唾液を分泌させることが効果的です。

歯医者さんでの歯の5つの着色予防法

より確実に着色を防ぎたいなら、歯医者さんでできる予防ケアもあります。ここに紹介したもの以外に歯のマニキュアもありますが、現在ではコスト面などからもホワイトニングの方が人気で、歯マニキュアはもう取り扱っていない歯科医院も増えたのでおすすめしません。

1、凸凹を修復するトリートメント

歯と同じ成分のごく小さな粒子を含む、トリートメントペーストを使う方法。クリーニング後にこのペーストを塗ることで、歯磨きや食事でついてしまった歯の傷を埋めて、表面を滑らかにするものです。

汚れが付着してしまうのは、歯の表面の傷に汚れが入り込んでしまうため。滑らかな歯であれば着色しづらくなるので、白さをキープしやすくなります。

費用は2,500円から15,000円程度です。

2、詰め物はセラミック治療にきりかえ

プラスチックの詰め物は、歯よりも表面が荒いため着色しやすく、また劣化によって変色しやすいものです。セラミックに変えることで傷がつきにくく、着色しにくい歯が手に入ります。

また歯を強くして虫歯になりにくくする効果もあります。

費用は詰める範囲や歯科医院によっても異なりますが、「ジルコニア」など高額なものから適用の範囲が限定的な最近保険が使えるようになった「ハイブリットセラミック」というものもなどひとえにセラミックといっても種類も費用も様々です

3、ウォーキングブリーチ

神経が死んでしまった歯を白くする方法がウォーキングブリーチです。神経の死んだ歯による黒ずみは、エナメル質の奥の象牙質で起きているので、ホワイトニングでは解消されません。

ですがウォーキングブリーチなら、歯の中に漂白剤を入れることで象牙質を漂白することができます。
漂白剤を入れた状態で1週間から10日過ごし、希望する色になるまで4〜5回繰り返します。

保険は適用されず価格設定も医院よってまちまちなので、まずは問い合わせてみましょう。

4、ラミネートベニア

歯の表面のエナメル質を0.5ミリ程度削り、シェルと呼ばれるものを接着剤で表面に貼り付けます。歯の着色を改善して真っ白にすることができ、長期間キープできるのがラミネートベニアの特徴です。

形や大きさ・すきっ歯など様々な悩みも解決できる方法ですが、保険適応外で1本10万円〜15万円と高額です。

5、ダイレクトボンディング

虫歯などいくつもの種類の歯科用プラスチックを歯に盛っていく方法。「小さな銀歯を白くしたい」など、部分的に気になる部分を自然な白い歯にしたいときにオススメです。

機能回復目的でなければ保険適用外で、1本1万円〜5万円の費用がかかります。

またセラミックほどの耐久性はないので、数年で着色などの劣化が現れるのがデメリットでしょう。

茶渋などのステインをとらないと虫歯を見落とす可能性も

ステインを取らなくても口臭もありませんし、直接歯周病や虫歯になるということもありません。「では見た目だけの問題か?」というと、そうでも無いのです。

着色なのか虫歯なのかは、歯科医でも見落とすこともあるほど見分けがつきにくく、「歯の汚れや着色だと思っていたら実は虫歯だった!」ということも十分あり得ます。着色だと思って放置しておくうちに虫歯が進行してしまうと治療も大変です。歯の異常にすぐに気がつけるように、ステインを取り除いておくことが、ひいては歯の健康につながります。

子どもの歯に黒い点があっても虫歯とは限りません。着色かどうかをクリアにするためにも、一度歯科医を訪れてみましょう。

まとめ:白い歯を取り戻してより美しく

家でも歯医者さんでも、歯の着色汚れをキレイにする方法や予防法はたくさんあるのですね。

費用がかかっても短期間に解決したいのであれば、歯医者さんでのクリーニングやホワイトニング。リーズナブルに解決したい人なら、ホームケアアイテムを活用してみるのがいいでしょう。

あなたにぴったりの方法がきっとあるはずですよ。

いずれにせよ、自然な白い歯を取り戻すことはまだまだできます。健康な歯を保って安全に白く美しい歯を手に入れましょう!

関連記事