【ブルゾンちえみメイク】本人がセルフメイクを大公開!

【ブルゾンちえみメイク】本人がセルフメイクを大公開!

自分磨きの第一歩はいつだって憧れの人の真似をするところから始まる!そこで今回は、いつもキレイなあの人のセルフメイクのテクニックを愛用コスメとともにご紹介。

本能を刺激する挑発メイクの達人【芸人】ブルゾンちえみさん

モードな顔つきの私、好きになってもいいよ?
セクシーなキャリアウーマンキャラで今や日本中を翻弄している、ブルゾンちえみさん。「メイクで男ウケを狙う人っているじゃない? でも、ありのままの自分を好きになってくれる人じゃなきゃ、結局うまくいかない。だから、誰になんと言われようが、ダークレッド色のリップを譲る気はないの」リップにインパクトを出すぶん、他のパーツは引き算するなんていうセオリーも、関係なし。「寂しいパーツがあると他のパーツも寂しく見えるから、ONand ONが絶対。好感を持ってもらえたら嬉しいです」

MY FAVORITE♥海外コスメには驚くほど目がないの。

リップはディープなカラー、って決めてます

ディープなトーンのマットリップが私のトレードマーク。お手本はリアーナかな。ワンストロークで発色の良いアイテムを探し求めていたら、いつしか海外コスメばかりになっちゃった。コスメ大好きだから、いつかゴージャスなドレッサーにズラリと並べるのが夢。
※海外で購入した私物のためお問い合わせはご遠慮下さい。

口紅を直すのは、食事のあとと、キスのあと♥

CHIEMI’S MAKEUP POINT

【EYE】

アイホールにパールベージュ、骨の輪郭に沿ってブラウンで陰影を。リキッドアイライナーを上まぶたに外ハネに。下まぶたのキワにペンシルを引いて瞳を囲んで

【EYEBROW】

彫り深フェイスに仕上げるために目と眉の距離を縮めたいって考えたら、自然と眉尻が下がりぎみに。ちょっぴり甘えんぼな顔つきになれるところもいいでしょ。

【LIP】

リップクリームを塗って縦じわをケアしてから、ダークレッドのマットルージュを重ねる。気持ちオーバーめに輪郭をなぞってから、全体を埋めるのがポイント。

撮影/内藤啓介(kiki/人物)、武藤誠(静物) スタイリング/奥田ひろ子 構成・文/石橋里奈

VoCE最新号は「dマガジン」でお楽しみ下さい!

VoCE最新号

dマガジン会員の方は「最新号を読む」から是非続きをご覧下さい。

dマガジン非会員の方はまずはお試し!
今なら初回31日間無料「無料トライアル」へ

関連キーワード

関連記事