秋はスキンケアに力を入れて、透明感のある美肌にぐんと近づこう

秋はスキンケアに力を入れて、透明感のある美肌にぐんと近づこう

みなさんは、どの季節のスキンケアに力を入れていますか? 乾燥が気になる冬や紫外線が降り注ぐ夏に念入りなスキンケアをしている方も多いはず。ですが、肌の調子が乱れやすいのは「秋」だと言われています。そこで秋のスキンケアのコツをご紹介します。

うっかり気を抜きやすい秋のスキンケア…

紫外線が多く降り注ぎ、シミや日焼けが気になる夏や、乾燥による肌のごわつきが気になる冬のスキンケアに力を入れていて、秋のスキンケアはそこまで念入りにしていない方が多いのではないでしょうか。

一見秋は紫外線の量が減って肌の調子がよくなるイメージもありますが、秋は夏の疲労が残っていたり、気温の差や夏の食生活の乱れなどによって肌の調子が乱れやすい季節だとも言われています。

ぷるぷる肌になれる、秋の徹底スキンケア

秋のスキンケアを念入りにすることで、より美肌に近づくことができるでしょう。決して手間がかかったり、面倒に感じることのない方法なので、毎日続けることができるはずですよ。早速見ていきましょう。

まず、メイク落としに欠かせないクレンジングは、油分がたっぷり含まれたクリームタイプのものがおすすめです。クレンジングクリームは、肌との摩擦が少なく、メイクをしっかり落としながら肌の潤いも残してくれます。肌にのせてから優しくマッサージするようにメイクを浮かせて、ぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

だんだん涼しくなってくると意外にも肌荒れ・乾燥・吹き出物などの肌トラブルが増えてしまうことがあるので、保湿成分のセラミドやヒアルロン酸がたっぷり含まれた、とろみのある化粧水を2〜3回にわけてゆっくり浸透させていきましょう。

また、秋は夏の紫外線ダメージがまだ肌に残っているとも言われているため、丁寧な美白ケアが必須です。化粧水を均等につけたら、トラネキサム酸やビタミンC誘導体などの美白成分が含まれた美白美容液を手のひらに取り、温めてから顔全体に優しく伸ばしていきましょう。

化粧水と美容液で潤いや栄養を与えたら、乳液やクリームで蓋をしていきますが、秋のスキンケアにおすすめなのは、シアバター。皮脂に近い成分でできているシアバターは、肌が乾燥して皮脂量が不足する秋に最適でしょう。抗酸化作用や保湿力も期待できるので、スキンケアの仕上げに薄くのばしてハンドプレスで馴染ませましょう。

秋のスキンケアで、しっとりうるおい肌に!

秋のスキンケアの基本は、優しく丁寧な保湿ケアと美白美容液を使った美白ケア。夏のスキンケアに皮脂を取りのぞく洗顔やさっぱり系の化粧水を使っていた方は、保湿を重視した基礎化粧品とシアバターに変えるとよいでしょう。

秋のスキンケアを念入りに行い、夏のダメージを受けた肌をいたわってあげてくださいね。

関連記事