ダイエットのモチベーションをあげる【言葉】【アプリ】【画像】大集合!

ダイエットのモチベーションをあげる【言葉】【アプリ】【画像】大集合!

ダイエットではモチベーション維持が大切。モチベーションが上がる言葉のチェックや好きな男性や女優さんを待ち受け画像にする、漫画や映画を見る、アプリの活用などが効果的です。メンタル面を上手にコントロールする、モチベーションを保つ方法をご紹介します。

世の女性はダイエットのモチベーション維持どうしてる?

世の中の女性たちが一度や二度はぶち当たったことのある壁といったら「ダイエットのモチベーション維持」という壁ではないでしょうか?モチベーションが維持できずにダイエットを挫折したという人も多いはず。ダイエット中のモチベーションを保つ方法に苦労している女性はとても多いのです。

大勢の女性が難しいと感じているダイエット中のモチベーション維持ですが、ちょっとした工夫でダイエットのモチベーションを維持し、賢くダイエットを継続している女性もいます。
実はモチベーションを保つことやアップすることは、コツを掴めば簡単だと言われており、そのコツを知らない人は必要以上に苦しい思いをしていたり、損をしているかもしれません。

ダイエットでは食事内容や消費カロリー、トレーニングなどと並んでメンタル面もとても重要です。
どんなにいいダイエット方法を試しても、モチベーション維持、メンタル管理ができなければ長く続けることができません。結果につながらないだけでなく、モチベーションを維持できないことがストレスになり、リバウンドを招く可能性も否定できません。

せっかく始めたダイエットをしっかり結果につなげるために、またライバルに置いていかれないためにも、心理面に効果的だと言われる方法を取り入れて、ダイエットを上手にすすめましょう。

すぐできる!ダイエット中のモチベーションを保つ方法

ここでは「すぐできる」とっても簡単なのに思った以上に効果が出ると言われるモチベーションを保つ方法を5つご紹介します。ぜひ活用してダイエットを成功させましょう!

●自分のスタイルを画像で客観的に観察する

簡単で効果が出ると言われる方法のひとつが、スマホの自撮り画像を利用する方法です。
自分のスタイルをしっかり直視できる画像はありのままを映し出します。ごまかしが効かない分、自分の嫌いな部分もよくわかります。
そしてお風呂上がりなど決まった時間に、決まった場所(位置)で撮影するようにすると、ダイエットの効果が出ているかもわかりやすい上、記録にもなります。
この方法は、以前の自分と見比べることでダイエットをやめたくないという思いも得やすく、少しでも痩せれば喜びも大きいと言われています。
自分用の記録には真正面から、真横から、真後ろからといったように、できるだけ客観的な画像を定期的に撮り、しっかり直視してみましょう。


●SNSを利用する

SNSのメリットは痩せていく自分を認めてもらえることにあります。インスタグラムなどで自分の体型画像を記録するのも、モチベーション維持に役立つと言われています。
「いいね」をもらうことで、人に見られているという感覚が手伝って頑張りやすく、また自分の体型画像を記録することがいつのまにか習慣になっているという効果も期待できます。習慣になるというのは、ダイエットのモチベーションを保つ方法では上級テクニックです。
常に人に見られていると意識できることは、長く続けたいダイエットにとってとても大切なことです。女優やモデルが人に見られているため太るわけにはいかないという原理と同じだと言えるのではないでしょうか。
挫折しそうになった時過去の画像を開けば、それまでの自分の変化や道のりが見え、あの頃には戻りたくないと思うもの。画像の加工は一切せず、加工に頼らなくてもほっそり綺麗な自分になると強く気持ちをもちましょう。


●アプリを利用する

スマホアプリにはダイエット用の無料アプリがたくさんあります。中には体重や体脂肪、サイズをグラフにして、数値を「見える化」してくれるアプリがあるため、グラフを眺めて、右下がりのグラフを想像し楽しみましょう。ダイエットに関わらず成績でも仕事の売上でも、目標が曖昧なイメージより、具体的な数字でイメージすることがモチベーション維持にとても役立つと考えられています。


●自分のふたつの未来を想像する

諦めたくなった時、その場ですぐできる方法が「想像」です。
まずはダイエットを投げ出した自分を想像してみましょう。ダイエットを投げ出した自分は、今以上に太り、体型の目立たない服を着た絶対になりたくない醜い自分かもしれません。
その次に、いま少しだけ我慢して綺麗な姿を手に入れ、好きなファッションを着てかっこよく颯爽と歩く自分を想像してみましょう。ダイエットに成功した自分は痩せて今以上に自信をもち、スタイルもよく、女性からも男性からも注目を浴びているかもしれません。

ダイエットが成功すれば自分はこんなにキレイになれる、失敗するとこんなに勿体無いことになると受け入れることが大切です。
想像することで、ダイエットに失敗してしまうと「自分という素材」は台無しになり、損してしまうということに気づくようにするのです。好きな女性モデルなどの画像と、絶対になりたくない太った女性の画像を見比べ、想像とリンクさせるのも効果的です。

●ライバルを作る

スタイルや見た目では絶対に負けたくない!という相手をつくって闘争心を沸き立たせるのも、ダイエットのモチベーションを保つ方法のひとつです。これはスポーツや仕事などにもよくみられるメンタル強化の方法でもあります。
このとき、決して「痩せれば負けない」「私の方がキレイ」で終わってはいけません。それだと言い訳になってしまうだけでなく、女性には「負けていない」「自分が上」と思うとなまけてしまう人も少なくないからです。
痩せたらキレイ!は決して褒め言葉でも、言われたこと勝ち組になるわけでもありません。「痩せれば負けないのに、痩せていないから負けている」「私の方が元はきれいなのに太っているからキレイじゃなくなっている」と「いまは負け」をしっかり認識しましょう。そして、悔しい思いをすることが大切です。
結果を出したり、長続きをさせるには、勝ちたい!という負けず嫌いな部分を利用しましょう。

賢く心理学でダイエット中のモチベーションを維持

賢く心理学を使って、一歩上のモチベーションを保つという方法もあります。心理学には「スモールステップの法則」という方法がありますが、これはダイエットに利用すればメリットもとても多い手法のひとつだと言われています。

スモールステップの法則とは、初めからゴールという高い目標を目指すのではなく、ゴールまでに小さな目標をいくつかおきクリア(ステップ)していくと、よい習慣をたくさん身につけながらゴールにも辿り着きやすくなるという手法です。

この方法には小分けになった目標ならクリアして進みやすい、遠回りしているようにみえて近道、ゴールにもたどり着きやすいだけでなく、ダメな行動や習慣、思考を修正しやすいというメリットがあります。

一気にゴールを目指すと、はじめは勢いもよく頑張れるけれど、そのうち苦しくなりモチベーションが尽きてリバウンドしやすいと言われています。そして失敗体験を重ねることは、すぐに諦めやすい自分を作り出すことも多く、好ましくありません。
スモールステップではまずは3日、そしてまた3日、というように小さな成功体験をどんどん積むことで「できる!」「諦める必要がない」という感覚を生みだすのです。

また、女性は感情的だと言われることがありますが、実は男性脳と女性脳を比べると、女性の方が感情に理性や理論を融合させることができる、感情に流されづらい脳をもっているといわれています。
それなのに食べたいという欲望に勝てないと思い込んでいる女性は多く、その思い込みで損をしてしまうこともあります。はじめから勝てないと思っていると誰でも諦め体質に傾きがちです。
「女性だからと言って欲望という感情に負けるわけではない!」と頭で理解をしている方が、ダイエットには有効に働くのではないでしょうか。また、食べたい欲求に負けそうなときの心の支えになりますし、理論的になり良い判断をできるかもしれません。

好きな男性・漫画・映画を待ち受け画像でダイエットのモチベーションアップ?!

ダイエットのモチベーションを保つには、スマホの待ち受け画面を活用する方法もあります。
待ち受け画面に自分の理想とする女性やモデルなどを設定しておくとダイエットに対するイメージトレーニングになります。憧れの女優が出ている映画の大好きなワンシーン、漫画の大好きなシチュエーションなどを設定するのもおすすめです。

自分がなりたい姿、目指す女性像を常に身近に置くことは、ダイエットのモチベーションを保つのに役立つと言われています。

また、インターネットに出ているダイエットのビフォア&アフターの画像を眺めるのも、やる気を起す方法のひとつです。人の成功体験は勇気を与えてくれます。
この人がいまはどんな生活を送っているのか?など想像を膨らませてみましょう。そして自分が男性だったらと男性目線でもビフォア&アフター画像を眺めてみましょう。何をしなければいけないかが見えてくるはずです。

好きな男性の写真を開いては「痩せられたら食事に誘おう」「痩せたら告白しよう」など、自分の中で企画を立てるのもモチベーションを保つ方法になります。女性は恋をするときれいになるといいますが、両想いでも、片想いでも、この気持を上手に利用しましょう。

自分に贈ろう!ダイエット中にモチベーションが上がる言葉

ダイエット中にはやる気になる言葉、モチベーションが上がる言葉をどんどん自分に取り入れていきましょう。言葉は脳の栄養にも、トレーニングにもなります。自分の気分や行動と言葉をリンクさせていきましょう。

「過去と他人は変えられなくても、未来と自分は変えられます。自分が変われば体も変わるのです。」
誘惑に負けてしまいそうなときや、トレーニング中の自分に、冷静に自分に聞かせてあげたい言葉ですね。

成功者の言葉もとても参考になるものが多いです。
「ひとつのものを選ぶということは、ひとつのものを捨てるということです。」
成功者の言葉は説得力がありモチベーションもあがります。ダイエットの目的は痩せてきれいになること。痩せたいと思ったときには、太ってしまった習慣を捨てなければいけないと気づかせてくれますね。

女性の中には、痩せたらきれいという人は多いのではないでしょうか。きっと、みなさんのまわりにもいますよね。
なぜ、そんなことが起きるのか?人間は飽食すぎるから太るのです。
食べ物で悩んだら「野生動物は必要以上に食べることはしない」という言葉を思い出してください。野生動物は生きるためだけに食べているから美しいのです。
過食は美容だけでなく健康にもよくありません。

モチベーションを保つには戒めの言葉も活用できます。
言葉で上げたり、戒めたり、自分に飴と鞭を交互に与えるのも効果的です。
そしてやはり、やめたくなったときが大きな壁、勝負のときですよね。
迷ったら「後ろめたさが残らない方法を選ぼう」と自分に語りかけましょう。後ろめたさが残らない方を選択できたら、頑張れた自分をしっかり褒めてあげることも大切です。

そして自分に「今日できたことは明日はもっと楽にできる!」と教えてあげてください。気持ちも楽になるのではないでしょうか?
ダイエット中のモチベーションをあげるには成功法則の名言集などから自分の好きなことばを座右の銘にするのもいいですね。自己暗示はとても大事です。

太っていることを言い訳するのはやめましょう。
自分を綺麗にできるのは自分しかいないのですから。

アプリを有効に使ってダイエットのモチベーションを維持しましょう

ダイエットのアプリでは、体重管理、食事管理、運動・トレーニング管理、消費カロリー計算、アドバイスなどさまざまなアプリがあるため、自分にあったものを有効活用するのもモチベーションを保つのに役立つと考えられています。
楽しみながらダイエットのモチベーション維持に役立つものもあるので検索してみるとよいでしょう。

ちょっと変わった面白いアプリでは、太ったふとし君を3種類のエクササイズでイケメンに育てるといったアプリ(ふとしの部屋)や、自分の減った体重がペットの餌になり、かわいいペットは体重を食べて育つアプリ(ぜい肉で育つダイペット)もあります。変化するペットの姿を見るとダイエットの苦労も和らぐのではないでしょうか。

ほかに、ゾンビに襲われているというBGMとシチュエーションでランニングしながらミッションをクリアしていくと、自分の街を建設できるもの(Zombies,Run!)などもあります。

またアプリに限らず、スマホを使って手軽に漫画や映画を見て、思い切り泣くというのもすっきりするには良い方法かもしれません。ストレスをためないような工夫をすることも大切です。

ダイエット中のモチベーション維持には、スマホのアプリや待ち受け画面を大いに活用しましょう。
ちょっとダイエットに疲れてきたら、たくさんのいい言葉やビフォア・アフターの画像で一旦休憩です。そして勇気をもらってまた復活しましょう!

おもしろアプリやSNSなら、楽しみながらダイエットに取り組むこともできます。

モチベーションが保てないで挫折するのはもったいないこと。少しの工夫でモチベーションは簡単に保つことができると言われています。様々な工夫を活用して、ダイエットを成功に導きましょう。

関連記事