夏目前! 夏野菜のパワーで夏に負けない身体作りを!

夏目前! 夏野菜のパワーで夏に負けない身体作りを!

旬の野菜は栄養価が高く、そのシーズンに効く栄養素の宝箱。暑い夏目前の今、夏野菜にたっぷり含まれたパワーを確認しておきましょう。

食事は元気の源

食事はダイレクトに身体作りに影響するもの。栄養のある食事が健康や美容を保つ源となります。
旬の野菜はそのシーズンに効く栄養がたっぷり。
暑い夏直前のこの時期、彩り鮮やかなビタミンカラーが特徴的な夏野菜で夏に負けない元気な身体を作りましょう。

具体的な夏野菜の効果

①きゅうり
主な栄養素→カリウム
利尿作用があり、余分な塩分を排出。
むくみに効果的です。

②トマト
主な栄養素→リコピン(カリウムの一種)、ビタミンC、ビタミンE
免疫力を高めます。皮膚や粘膜を健康に保つので美容効果も高いと言えます。また、完熟するほど、リコピンの効果は高まります。

③ピーマン
主な栄養素→カロチン、カリウム、ビタミンC、ビタミンE
コラーゲンの合成を助け、メラニン色素の沈着を防ぎます。カプサイシンも含んでいるのでダイエット効果も。

④ゴーヤ
主な栄養素→ビタミンC
ゴーヤ特有の苦味に含まれる成分は、食欲を刺激し、夏バテ予防に効果的。ビタミンCがトマトの5倍程度含まれているので、美容にも効きます。

⑤茄子
主な栄養素→ポリフェノール、カリウム
身体を冷やす作用があるので暑い夏に食べたい野菜。抗酸化作用もあり、がん予防の効果もあると言われています。

⑥オクラ
主な栄養素→食物繊維、カロチン、カリウム
整腸作用があり便秘を防ぎ、コレステロールを排出します。髪や皮膚の健康維持にも効果的。

⑦モロヘイヤ
主な栄養素→食物繊維、ビタミンC、ビタミンE、鉄、カルシウム、カロチン
活性酵素の働きを抑え、細胞の老化を遅らせます。ストレスや消化不良、食欲不振を防ぎます。また、コレストロール値を下げ、便秘解消にも効きます。

関連記事