プロ級機器でマイペースにケア! 家庭用脱毛のトレンドとメリット

プロ級機器でマイペースにケア! 家庭用脱毛のトレンドとメリット

家庭用だからといって侮るなかれ。今や、サロン顔負けの優秀アイテムがメジャーに。自宅で気軽にお手入れできて、ツルツル肌をキープ!
プロ級機器でマイペースにケア!家庭用脱毛のトレンドとメリット

機能がプロ仕様に進化
家庭用脱毛 最近のトレンド

カミソリ、除毛クリーム、毛抜きなど、様々な種類があるセルフ脱毛の中で、今注目されているのが家庭用脱毛器です。なぜなら、その性能が数年前に比べると格段に高くなり、これまでクリニックやエステでしか受けられなかったプロ仕様のレーザー脱毛や光脱毛を、自宅で行えるようになってきたから。

特に、仕事や家事に忙しく、サロンやクリニックに通う時間がとれない女性たちの必需品になりつつあります。

家庭用脱毛のメリット

1:いつでも好きな時にケアできる

自宅で気軽にお手入れできるので、サロンやクリニックの予約や通院の煩わしさから解放されます。

2:回数を重ねるほどコスパがアップ

比較的高価な家庭用脱毛器でも、出費は最初の1回だけ。使えば使うほどにコストパフォーマンスが良くなるため、いろんなパーツを脱毛したい人にとってはお得です。

3:誰にも見られずに済む

今人気のVラインなど、人に見られるのに抵抗のあるパーツも自分でケアできるため、サロンやクリニックに通いたくても恥ずかしさがハードルになっている人にはおすすめです。

家庭用脱毛 気になるQ&A

Q 光脱毛器とレーザー脱毛器の違いは?

光脱毛器は、エステで使用される「フラッシュ脱毛」の技術を、レーザー脱毛はクリニックで使用される「レーザー脱毛」の技術を応用。メラニン色素にアプローチするという点は同じですが、レーザー脱毛の方が毛のメラニン色素により選択的にはたらくため、効果が長続きする傾向があります。

Q 家庭用脱毛器は、体のどの部位でも使える?

基本的には、IラインやOラインなどの粘膜やそれに近いデリケートなパーツには使用できません。トラブルを起こす危険性もあるので、その部分を脱毛したいならクリニック等で施術を受けるのがベター。

Q 光やレーザーの痛みを軽減するコツは?

家庭用に開発されている機器のため、もともとエステやクリニックよりも痛みは軽めになっています。でも痛みに弱い体質なら、光やレーザーの出力レベルを調節できる機器を選ぶこと。また、保冷剤などで冷やしながらケアすると、肌をひんやり落ち着かせることができます。

編集部おすすめ商品

編集部員がトリアを試してみました!

「ずっと興味があった家庭用の脱毛器。しかし、痛さや熱さ、面倒くささが気になって、手を出せずにかれこれ5年・・・。でも今回、いざ使ってみると“なんて簡単なの!”とびっくり。出力レベルも調節できるので痛くも熱くもなく、手や脚など全体的に使っても、時間はあっという間でした。これから夏に向けて継続してみて、どれだけ効果が出るか楽しみです!」
■Profile
取材協力/トリア・ビューティ・ジャパン株式会社
http://www.triabeauty.co.jp/

取材・文 : 東城ノエル/イラスト : micca

関連記事