若く見える人、老けて見える人の一番の違いって?

若く見える人、老けて見える人の一番の違いって?

女性にとっての最大の敵は「年齢」?年を重ねても若く見える人と、実年齢よりかなり老けて見える人の違いって?
今すぐにできる老け顔対策教えます!

若く見える人ってどんな人?まとめてみました。

女性はいくつになっても若く見られたいもの。
同じ年齢でも、若く見える人と老けて見える人がいますよね?
年を重ねるごとにその差はどんどん広がっているような気がします。
1番の違いって一体どこにあるのでしょうか?

若く見える人の特徴、それは何といっても「きれいなお肌」です!
では一体どんな肌が若々しく見えるのでしょう?どうしたら若く見られる肌になれるのか、コツを教えちゃいます!
若く見える人、老けて見える人の1番の違いって?
【その① たるみのない肌】
肌は年を取ると弾力を失い、重力に引っ張られてどんどんたるんでいきます。肌がたるむと目尻や口角などが下がって顔の印象全体が変わって老けてみられる原因になってしまいます。

●たるみの解決法
顔のお肉を引き上げる「エクササイズ」や「マッサージ」が効果的です。オイルやクリームを使ったマッサージはシワ予防にもなるのでオススメ。


【その② シワのない肌】
たるみと並ぶ老化のサイン、「シワ」。加齢によってどうしても避けられないシワですが、どうにかして防ぎたいもの!口周り、目尻など部分的なケアが必要になってきます。

●シワの解決法
シワのないツヤツヤ肌は、オイル美容と相性抜群。オイルは肌のキメを整えてツヤを出してくれるので、乾燥して顔色の悪い肌の救世主とも言えるんです。


【その③ くすみのない肌】
くすみのない肌には透明感があります。究極の透明感のある肌といえば、生まれたての赤ちゃん。大人が赤ちゃんのような透明感を作り出すためには、どうしたらいいのでしょうか?

●くすみの解決方法
くすみのない、透明感のある肌のためには日焼けが大敵。冬でもきちんと日焼け止めを塗ってケアしましょう。日焼け止めはクレンジングで落ちにくく、洗い残すと肌荒れやくすみの原因になるので要注意です。


お肌以外にも、ツヤのある髪やスリムな体型も若く見えるためには大事な要素。
きちんとしたケアや栄養のある食事、適度な運動を心がけて若く見られる可愛らしい女性でいたいですね!

関連記事