冬の乾燥を乗り切る、アンチエイジング・スキンケア

冬の乾燥を乗り切る、アンチエイジング・スキンケア

気温が低下し血流が悪くなりがちな冬は、暖房や湿度低下による乾燥など、肌老化の要素が沢山!冬専用のスキンケア法で、冬の肌老化を防ぎましょう。

肌水分の蒸発を守る「油分」が、冬のアンチエイジングには重要

肌の潤いを決めるのは、肌の水分量と皮脂の分泌量のバランス。しかし、冬は気温と湿度が大幅に低下することで、肌の水分蒸散量は急激に増加する一方、皮脂量が極端に減る季節でもあります。

特に体が体温を維持しようとして、皮膚表面の血流を制御してしまうため、肌代謝が落ち、皮脂の分泌量が減ってしまうのです。肌細胞内の水分蒸発を防止していた皮脂が少なくなると、肌の水分量はどんどん減っていき、小さな小じわが刻まれることに。

つまり、せっかく化粧水などで水分補給をしても、油分で「蓋」をしないと、肌水分量の蒸発を助長するだけになってしまうのです。

そんな冬のアンチエイジング・スキンケアで一番重要なのは、「水分補給」の後の「油分ケア」。

まず、バスルームに化粧水と、皮脂の代わりになる保湿液や油分クリームを持ち込みましょう。

人肌より少し冷たい水温でクレンジングをします。
その後、肌のきめの奥の汚れまで落とせるよう、泡立てネットでふんわりと泡立てた洗顔料(泡)を肌に乗せて、指が肌に触れないよう、丸く円を描きながら優しく洗い、同じく人肌より少し冷たい水で流します。
洗顔料を泡立てずに、肌に乗せてゴシゴシ洗うのは、肌を傷つけるので絶対にNG。また、シャワーを直接肌に当てるのも、必要な保湿成分を洗い流してしまうので厳禁です。
また、洗い流す回数は20回前後を目安に、洗い残しがないよう気をつけてください。
冬の乾燥を乗り切る、アンチエイジング・スキンケア
そしてここからが肝心です。冬の洗顔後の肌は、バリア機能が一番低下しているので、肌水分の蒸発が止まりません。そこで、お風呂上がりには体を拭くよりも前に、タオルで水分を押さえること。決してゴシゴシ拭いてはいけません。

そしてタオルで拭いた直後に化粧水をつけ、1分待ちます。浸透したと思ったら、すぐに皮脂の代わりになる保湿液や油分クリームで蓋をします。勿論、100%オイルカットの保湿液などでも構いません。皮脂の代わりに、水分蒸発を防ぐ「蓋」になれば大丈夫。

化粧水1回だと乾燥した感じがする方は、化粧水をつけて1分後、また化粧水をつけて1分待ってから、蓋をしてみてください。

乾燥肌・油性肌など肌質にもよりますが、化粧水をつけるのは、合計1〜2回で十分でしょう。あまりに化粧水をつけすぎると、今度は肌水分の蒸発につながるので注意が必要です。

潤いというのは、肌に水分を補給すれば生まれるものではなく、補給した水分を油分で「蓋」をすることで生まれます。特に肌本来は、排泄器官であり、消化器官ではないことから、過剰な水分補給は肌乾燥の助長にもつながります。

乾燥で一段と老化が進みがちな冬のお肌ですが、水分補給後の「蓋」がアンチエイジングの鍵です。決して化粧水をつけたから安心、とは思わないでくださいね。

関連記事